MT4で取引しようとしたところ、ツールバーの「新規注文」ボタンは押せるが、発注(注文)できない。又は、MT4チャートで右クリックしても注文発注リンクがない場合があります。

MT4注文発注リンク

MT4注文できない

MT4で新規注文ボタンが押せない、チャートを右クリックしても注文リンクが出ないなどの原因は、大きく分けて4つあります。

原因1 ログイン時のサーバー選択が間違っている

MT4ログイン

MT4ログイン時のサーバーの選択が間違っているとログイン出来ても注文が出来ません。

新規・追加口座開設時にXM Tradingからメールで受信されるサーバー番号を確認し、正しいサーバー番号を選択する必要があります。

MT4ログイン

口座開設時にメールで受信されるログイン情報内にサーバー番号が記載されています。

もし、サーバー番号を紛失・忘れてしまったときは、1つずつサーバー番号を選択して確認してみるか、XM Trading日本語サポートへ問い合わせる必要があります。

または、もう一つ別の口座を開設し、XM Tradingマイページから資金振替により別の新しい口座へ資金を移し、MT4で取引することも出来ます。

(尚、XM Tradingマイページへのログイン時はサーバー番号を必要としません)

XM TradingのMT4のログイン画面でサーバーリストに番号がない時は、MT4のサーバーリストが古く新しいサーバーリストが取得できてないことが原因です。MT4の簡単な設定で新しいサーバーリストを取得することができ...

原因2 表示しているチャートが口座タイプに合っていない

海外FX業者のXM Tradingでは、マイクロ口座・スタンダード口座・Zero口座と3タイプの口座があります。

1人最大8口座まで所有できますが、異なる各口座タイプでMT4へログインした場合は、専用のチャートに切り替える必要があります。

(例)マイクロ口座へログインし、スタンダード口座用のチャート表示からは注文できません。

MT4取引出来ない

MT4画面右上の「気配値表示」の上で右クリック→「すべて表示」をクリック。

MT4画面上メニューの「ファイル」→「新規チャート」から、口座タイプに合った適切なチャートを選択して表示させると注文画面が表示されるようになります。

今なら新規口座開設だけで$30プレゼント!

今すぐトレードする!

原因3 CFDで新規注文が出来ない場合は限月と取引時間を確認

CFDで新規注文ができない際は、限月(期限)が古くなっている、または、取引時間外が原因です。

まずは、取引しようとしているCFD商品の取引時間をチェックしてみましょう。

XMのCFD取引時間 XM公式サイト CFD取引時間確認

CFD商品の取引時間内にも関わらず、注文ボタンがグレーになり取引できない際は、限月を確認してみます。

CFDは限月と言われる取引できる期限があります。取引するとき期によっては期近(直近の限月)しか取引出来ません。

「ファイル」→「新規チャート」で期近の商品CFDを選択することで注文可能となります。

XM CFD取引

次矢印

期近を選択したことで、CFDの新規チャートから右クリックで「注文発注」リンクが表示され、注文できるようになりました。

XM CFD取引

尚、各種CFD銘柄のオープン・満期日についてはXM Trading公式サイトの「商品 – スプレッド / 条件」の「カレンダー」タブよりご確認頂けます。

MT4の取引画面がグレーになっており、下記画像のように売買の注文が出来ない場合があります。注文できない原因と対応この場合は、商品名とロット数を確認してみます。商品により注文可能な最低ロット数が違います...

今なら新規口座開設だけで$30プレゼント!

今すぐトレードする!

原因4 ロット数を確認

為替、CFD銘柄によって注文可能な最小ロット数が異なります。

最小ロット数に満たない数値を入力していると、注文ボタンがグレーアウトになり注文することができません。

MT4最小ロット数

為替

0.01ロット~注文可能

CFD

1ロット~注文可能

MT4注文画面の「数量」の箇所が最小ロット数になっているか確認します。

為替は0.01ロットから注文可能なので、「0.001」等と入力していると注文ボタンが押せません。

同様に、CFD銘柄も1ロットから注文可能なので、「0.1」等と入力していると注文ボタンが押せません。

原因5 注文種別と入力した価格の値を確認

MT4注文種別

Buy Limit(指値買い)

価格が下落したときに、買いたい場合

Sell Limit(指値売り)

価格が上昇したときに、売りたい場合

Buy Stop(逆指値買い)

価格が上昇したときに、買いたい場合

Sell Stop(逆指値売り)

価格が下落したときに、売りたい場合

注文種別と価格の値に相違があると、「無効なS/LまたはT/P」というエラーが表示され注文できません。

MT4無効なS/LまたはT/P

例えば、Buy Limit(価格が下落したときに、買いたい場合)を指定して、現在値より高い値を価格欄に入力している場合は注文できません。Buy Limitを指定している場合は、現在値より低い価格を入力する必要があります。

MT4で新規注文ができない、注文発注リンクがなく注文できない場合は、以上の解決策を再度確認してみましょう。

尚、仮想通貨(ビットコイン等)の取引は、MT4では不可でMT5口座のみ取引可能となります。

※重要事項

2018/11/18現在、XM Tradingの仮想通貨取引は一時停止中です。再開予定がある際は、XM Tradingリアル口座開設者へメールにて案内されます。

新規口座開設で$30プレゼント

今すぐトレードする!