パラボリックSAR 使い方

パラボリックSARは、トレンド相場を分析しトレンドの転換ポイントを判断するインジケーターです。パラボリックSARの「パラボリック」は「放物線」という意味で、「SAR」は「ストップ&リバース」の略です。

パラボリックSARを利用することで、放物線を描いたような印がチャートに表示され、そのパラボリックSARの印と価格が交差する地点で売買の判断ができるようになります。

この記事では、パラボリックSARの見方や正しい使い方をご紹介しています。

パラボリックSARの表示方法

パソコン版 MT4 / MT5 パラボリックSAR 表示手順

MT4 / MT5画面左側の「ナビゲーター」枠から「インディケータ → トレンド → Parabolic SAR」を選択し、適用させたいチャートにドラッグ・アンド・ドロップ(左クリックを押しながら移動して左クリックを離す操作)します。

MT4 パラボリックSAR表示手順

パラボリックSARの設定画面が表示されますが、パラボリックSARはデフォルト(標準)設定のまま利用することができるので、そのまま「OK」ボタンをクリックして表示させます。

MT4 パラボリックSAR設定画面

パラメーターの「ステップ」は、0.02が標準となります。

「上限」を0.2として、0.02→0.04→0.06…と0.02ずつ数値を増やしてチャートに合った数値に調整していきますが、数値が大きいほど「ダマシ」が多くなります。

以上の操作で、チャートにパラボリックSARを表示することが完了です。

MT4 パラボリックSAR

尚、パラボリックSARを削除したい場合は、チャートの上で右クリック → 「表示中のインディケータ」をクリック → 「Parabolic SAR」を選択 → 削除ボタンをクリックすると削除できます。

MT4 パラボリックSAR 削除画面

スマホ版 MT4 / MT5 パラボリックSAR 表示手順

MT4 / MT5アプリの「チャートタブ」からチャート画面を開き、チャート画面上の「f」アイコンをタッチ → インディケータ画面から「メインウィンドウ」をタッチします。

MT4 スマホ パラボリックSAR 表示手順

「インディケータ追加」画面で「Parabolic SAR」をタッチし、設定画面を表示させます。

Parabolic SARは、特に設定なしでそのまま使えるので、「完了」ボタンをタッチします。

Parabolic SAR スマホ 設定画面

以上のタッチ操作で、MT4 / MT5スマホアプリのチャートにパラボリックSARの表示が完了です。

パラボリックSARの見方

パラボリックSARは、チャート上に放物線が描かれます。価格の下に放物線があるときは買いポジション、価格の上に放物線があるときは売りポジションという判断が可能です。

パラボリックSARの見方

また、パラボリックSARと価格が交差する地点(放物線が価格の上と下の表示が入れ替わる地点)で、トレンドの転換と捉えることもできます。

パラボリックSARを利用した取引例

パラボリックSARと価格が交差する地点で、売買の判断をすることができます。

パラボリックSARの取引例

  • 下降したパラボリックSARが上昇した価格と接触した地点: 買い
  • 上昇したパラボリックSARが下降した価格と接触した地点: 売り

また、パラボリックSARが価格の上と下のどちらに位置するかによって、注文したポジションを保有している期間と決済するタイミングを判断することも可能です。

パラボリックSARの取引例

  • 価格の下にパラボリックSARが位置している期間: 買い
  • 価格の上にパラボリックSARが位置している期間: 売り

パラボリックSARを利用した取引方法まとめ

  • パラボリックSARは途転のタイミングを判断するインジケーター
  • 価格の上にパラボリックSARがある期間は売りポジション
  • 価格の上にパラボリックSARがある期間は買いポジション
  • 下降したパラボリックSARが、上昇した価格と接触した地点が買い
  • 上昇したパラボリックSARが、下降した価格と接触した地点が売り

パラボリックSARは、強いトレンドがある相場では有効に利用できますが、トレンドがハッキリしない相場やレンジ相場では「ダマシ」も多くなり不向きとなります。

トレンドを確認できるトレンド系インジケーターの「移動平均線エンベロープトレンドライン」やオシレーター系インジケーターの「ストキャスティクス」などと合わせて利用することが推奨されます。