FX取引 売買タイミング

FXに限らず株や商品などの売りと買いのタイミングは、「安く買って高く売る」、又は、「高く売って安く買い戻す」が基本です。

「安い時」「高い時」の判断は、値動きの推移をグラフにした「チャート」にインジケーターという指標を重ねて表示し売買の判断をします。このチャートで売買判断をすることをテクニカル分析といいます。

この記事では、インジケーターを利用したテクニカル分析で売買の判断をする方法をご紹介しています。

チャートで売買を判断するとは?

FXは、「売り・買い」の2択からどちらかを予想するだけの売買ですが、漠然と運任せで取引していてはギャンブルと同じになってしまい、損失のリスクも高くなってしまいます。

売り買いの2択

そこで、チャートから売買を判断しますが、価格の値動きだけを表したチャートだけを表示したのでは、どこで売ってどこで買ってよいのか見当もつきません。

チャート

しかし、インジケーターをチャートへ表示させることで、売買の判断がつきやすくなります。

下記チャートは、移動平均線というインジケーターをチャートに表示させています。赤丸の箇所で価格が反発や反落しているので、移動平均線に価格が接触したタイミングで売買判断を目安とすることができるようになります。

移動平均線 チャート

テクニカル分析による売買判断

チャートにインジケーター(指標)を表示して売買判断をすることをテクニカル分析といいます。

様々なテクニカル分析による手法がありますが、世界中のトレーダーで主に使われている人気のインジケーター「移動平均線・ボリンジャーバンド・エンベロープ・MACD・RSI」5種類の概要についてご紹介します。

移動平均線(Moving Average)

移動平均線とは、ある一定期間の為替レートの平均値を線(グラフ)にし、相場の方向性などから売買を判断する指標です。

相場の方向性を判断する

移動平均線の角度で相場を判断
  • 移動平均線が上向き: 上昇相場
  • 移動平均線が下向き: 下落相場

下記チャート画像のオレンジ色の線が移動平均線です。(色は自由に変更可能)

緑色の線(ローソク足)は、為替レートのグラフです。一番右側が最新の価格を表しており、左は過去の価格をグラフで表しています。

移動平均線

上記チャート例では、中央あたりでオレンジ色の移動平均線が上向きになっているのが分かります。

これは相場が上昇の傾向(上昇相場)であり、このときに「買い」注文を出すことで利益が出る確率が高くなっていることを意味します。

反対に下落相場であれば、「売り」注文を出すことで利益が出る確率が高い傾向にあります。

移動平均線同士の交差で売買を判断する

移動平均線同士の交差による売買シグナル
  • ゴールデンクロス: 買いのサイン
  • デッドクロス: 売りのサイン

ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が中期の移動平均線を上回る時のことを言います。

デッドクロスとは、短期の移動平均線が中期の移動平均線を下回る時のことをいいます。

移動平均線

上記チャート例の赤丸の箇所がゴールデンクロスです。水色の線がオレンジ色の線を上回ってクロスしているのが分かります。青丸の箇所はデッドクロスで、水色の線がオレンジ色の線を下回ってクロスしています。

このように移動平均線の交差ポイントで売買を判断することもできます。

移動平均線の期間例

移動平均線の主な期間設定例
  • 短期移動平均線: 5、8、13など
  • 中期移動平均線: 21、25、75など
  • 長期移動平均線: 100、200など

移動平均線の期間の数値については特に決まりはないのですが、上記の組み合わせが一般的に使われています。

例えば、「5MA」という移動平均線であれば、過去5本の為替レートの平均値をグラフにしたものです。日足チャートの場合は、5日間の為替レート平均値となり、15分足チャートの場合は、5本分なので1時間15分間(15分×5本)の為替レート平均値となります。

より詳しい移動平均線の使い方は、下記の記事でご紹介しています。

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

ボリンジャーバンドとは、移動平均線の上下に同期間の標準偏差を表した線(バンド)です。

バンドの外に価格が位置するときは統計上異常値とされ、何れバンド内に価格が回帰する動きを元に、ボラティリティの判断や売買の判断に利用します。

尚、逆張り取引による売買の情報が溢れていますが、逆張りよりも順張りで取引する方法が正しい使い方です。

ボリンジャーバンドの計算式

ボリンジャーバンド計算式

σ=√(期間 × 期間内の終値の2乗の合計 – 期間内の終値の合計の2乗) ÷ (期間 ×(期間-1))

  • ±1σライン: 移動平均線の数値±標準偏差
  • ±2σライン: 移動平均線の数値±2×標準偏差
  • ±3σライン: 移動平均線の数値±3×標準偏差

これらの計算は、自分で手計算することなくMT4/MT5で自動計算され、チャートにボリンジャーバンドがリアルタイムで表示されます。

レンジ相場における逆張り取引例

ボリンジャーバンドの取引で最も知られている取引方法は、正規分布の確率からバンドの外に価格が位置したときに逆張りによる取引です。

ただし、この逆張り取引は正規分布が条件なので、レンジ相場のみに有効です。

ボリンジャーバンド 逆張り

標準偏差による確率

標準偏差 = σ(シグマ)

  • 「-1σ」~「+1σ」の間に値が存在する確率は68.26%
  • 「-2σ」~「+2σ」の間に値が存在する確率は95.44%
  • 「-3σ」~「+3σ」の間に値が存在する確率は99.73%

つまり、この範囲外は統計学上は異常値に該当するため、何れ価格はバンドの中に収まるという考えのもと、逆張りによる売買の判断になります。

ボリンジャーバンド考案者は、正規分布による逆張り取引は推奨していません。

バンドウォークによる取引例

Walking The Bands(バンドウォーク)とは、バンドの帯を歩くように見えることから名付けられています。

バンドウォークの取引手法
  • 上昇相場では、+1σで買い注文、+2σで決済
  • 下降相場では、-1σで売り注文、-2σで決済

ボリンジャーバンド バンドウォーク

上記チャートは、ボリンジャーバンドの+1σ~+2σの間で価格が値動きしていることが分かります。

このバンドウォークのパターンで上記チャート例においては、+1σに価格が到達したときに買い注文をし、+2σに価格が到達した箇所で決済をすることで利益を狙えます。

ボリンジャーバンドの考案者は、逆張り取引よりも順張り取引で使うことを前提にしていますので、「スクイーズ・エクスパンション・バンドウォーク」の3つの取引方法が推奨されます。

エンベロープ(Envelope)

エンベロープとは、移動平均線から上下一定の幅に乖離させた線です。

移動平均線から一定の乖離の範囲内で価格が推移する傾向を利用し、売買を判断する指標です。

レンジ相場における逆張り取引

レンジ相場(ボックス相場)においては、価格は移動平均線から一定の乖離内で値動きする為、エンベロープによる取引手法が最大に活用できます。

エンベロープ上限に価格が到達したときに売り、エンベロープ下限に価格が到達したときに買い注文をする判断が可能です。

レンジ相場の売買判断
  • エンベロープ上限に価格が到達したら「売り」
  • エンベロープ下限に価格が到達したら「買い」

エンベロープ取引例

上記チャート例において、エンベロープ上限に価格が到達した青丸ポイントで売り、エンベロープ下限に価格が到達した赤丸ポイントで買い注文をします。

レンジ相場においては、逆張り取引となります。

トレンド相場における順張り取引

トレンド相場においては、エンベロープの中央値の移動平均線からトレンドの方向へ向けての順張り取引ができます。

トレンド相場の売買判断
  • 上昇相場: エンベロープ中央値で買い、エンベロープ下限で決済
  • 下降相場: エンベロープ中央値で売り、エンベロープ下限で決済

エンベロープ取引例

上記、下落相場チャートの取引例のように、エンベロープ中央の移動平均線で売り注文をし、エンベロープ下限で決済を繰り返すことで利益をあげることができます。

尚、上昇相場であれば、エンベロープ中央の移動平均線で買い注文、エンベロープ上限で決済という取引になります。

MACD(マックディー)

MACDとは、2本の移動平均線同士の乖離具合をグラフ表示し、そこへ更に移動平均線(シグナル)を重ねて相場の売買を判断する指標です。

MACDは、オシレーター系のインジケーターでチャートの下枠のサブウィンドウに表示されます。

0数値を基準で売買を判断

MACDは、「0(ゼロ)」ラインが表示されています。2つの移動平均線が重なる時にMACDのグラフが0ラインに到達します。

0基準の売買判断
  • MACDの棒グラフとシグナルが共にマイナスからプラスに転じたときは「買い」注文
  • MACDの棒グラフとシグナルが共にプラスからマイナスに転じたときは「売り」注文

MACD 0

上記チャートでは、25EMA(オレンジ色)と75EMA(青色)の2つの移動平均線が交わる赤丸のポイントで、MACDも0(ゼロ)になっているのが分かります。25EMAが75EMAを上回りゴールデンクロスとなり、MACDもマイナスからプラスへ転じています。

このように、0を基準にMACDがプラスに転じるかマイナスに転じるかで売買を判断します。

ちなみに、MACDの赤色点線のグラフは、MACDに重ねた移動平均線で、シグナルと言われます。

MACDとシグナルが交差するタイミングで売買を判断

もう一つの売買判断の指標として、MACDとシグナルが交差するタイミングがあります。

MACDとシグナル交差で売買判断
  • MACDがシグナル線を下から上に交差したときは、ゴールデンクロスとなり「買い」
  • MACDがシグナル線を上から下に交差したときは、デッドデンクロスとなり「売り」

MACD 交差

ゴールデンクロス後に0水準からプラスに転じれば、更に価格が上昇する確率が高くなります。逆にデッドグロス後に0水準からマイナスに転じれば、更に価格が下落する確率が高くなります。

このように、0基準の売買判断と合わせて、総合的に判断して使用するのが一般的です。

関連記事

RSI(アールエスアイ)

RSIとは、買われすぎ、売られすぎを判断するためのテクニカル指標です。

一定期間(一般的に14)の変動幅の中で、価格がどれくらい上下しているのかを0%から100%までの間で図る指標です。

RSIは、オシレーター系のインジケーターでチャートの下枠のサブウィンドウに表示されます。

上げ幅と下げ幅の比率で売買を判断

RSIの比率で売買判断
  • 70%以上は、「買われすぎ」
  • 30%以下は、「売られすぎ」

RSI

上記チャート例では、青丸箇所がRSIで30%以下になっているため、「売られすぎ」と判断し、買い注文をします。

赤丸箇所はRSIが70%以上になっているため、「買われすぎ」と判断し、売り注文をします。

RSIは、価格が一定の範囲内で動くレンジ相場では有効に活用できますが、どちらか一方に動くトレンド相場では判断しづらくなるのがデメリットです。

そのため、他のインジケーターと組み合わせて、売買を判断する方法が一般的です。

関連記事

適切なインジケーターを表示すること

世界中のトレーダーで人気のインジケーター5つをご紹介しましたが、取引する通貨ペアや相場の状況によりインジケーターを使い分けることが大切です。

トレンド相場を得意とするインジケーター、レンジ相場を得意とするインジケーターがそれぞれあるためです。

為替レートは、いつも同じ値動きをするわけではないので、相場の転換で異なるインジケーターを使用し売買の判断に利用しましょう。

3つの移動平均線・エンベロープ・MACDを表示させたチャート例

一つのチャートに多くのインジケーターを表示しすぎても、チャートが見づらく売買判断がしづらくなってしまうので、上記チャート例のように限られたインジケーターのみを表示した方が簡単です。

ちなみに、上記チャート例は、3つの移動平均線(21EMA,75EMA,200EMA)とエンベロープ(14EMA,偏差0.7)、MACDの3種類のインジケーターを表示させています。