Mac版MT4にカスタムインジケーターを追加し設定する方法

MacのMT4に追加でカスタム インジケーターを入れる方法は、「アプリケーション →XMTrading MT4 → パッケージの内容を表示 → drive_c → Program Files → XMTrading MT4 → MQL4 → Indicators」の順にフォルダを開き、Indicatorsフォルダに希望のインジケーターを挿入し、MT4のインジケーター項目を更新するだけで設定可能です。

この記事では、MacのMT4にインジケーターを追加する方法を画像付きで解説しています。尚、Mac版のMT5でも同じ操作でインジケーターを追加可能です。

もし、Mac版MT4が文字化けする際は、下記のリンク先の記事から解決できます。

手順1. FinderのアプリケーションからMT4を選択

Finderを開き、アプリケーションからMT4(XMTrading MT4)を選択します。

Mac MT4場所

手順2. MT4のパッケージ内容を表示する

XMTrading MT4を右クリック(2本指でタップ)して、「パッケージの内容を表示」を押します。

Mac MT4 パッケージ内容を表示

手順3. Indicatorsフォルダを開く

「drive_c → Program Files → XMTrading MT4 → MQL4 → Indicators」の順にフォルダを開きます。

Mac MT4 Indicatorフォルダの場所

手順4. Indicatorsを追加する

ご希望のカスタムインジケーターファイルを、「Indicators」フォルダへコピー(又は切り取り)貼付けします。

Mac MT4 インジケーター追加

希望のインジケーターファイルが、「Indicators」フォルダへ移動されていることを確認します。

手順5. MT4のインジケーター項目を更新

MT4のインジケーター項目を右クリック(2本指でタップ)して、「更新」を押します。

Mac MT4 インジケーター更新

カスタムインジケーターを追加した場合は、MT4のインジケーターを更新、または、再起動しなければ適用されません。

手順6. カスタムインジケーターを適用

MT4左枠ナビゲーターの「インディケータ(indicators)」に、先程追加したカスタムインジケーターが表示されるので、適用したいチャートへドラッグ・アンド・ドロップ(希望のインジケーターを選択し、インジケータを押し続けながらチャートへ移動)することで、チャートへインジケーターを適用できます。

MT4カスタムインジケーター追加

もし、追加したカスタムインジケーターがMT4左枠の「インディケータ(indicators)」項目に表示されない際は、MT4を再起動したあとに、再度、手順1から確認してみましょう。

以上でMacのMT4へカスタムインジケーターを追加することが完了です。

尚、今回例として追加したカスタムインジケーターは、リアルタイムでチャート上でスプレッドを確認できる「SpreadLabel.ex4」です。

SpreadLabel.ex4のダウンロード・インストール方法は、下記の記事で解説しています。