水平ライン(水平線) 使い方

水平線(水平ライン)とは、過去のチャートにおいて、ある一定のポイントで反落、反発する地点同士を水平に引いた直線です。水平ラインをチャートに引くことで、抵抗線や支持線としての役割になり、売買の判断が可能になります。

この記事では、MT4 / MT5で水平ラインの正しい引き方と水平ラインを利用した取引例などの使い方についてご紹介しています。

水平ラインを引く理由

チャートにインジケーターも何も表示していない状態では、相場はランダムに動いているように見えます。

チャート

しかし、上記チャートに水平ラインを引くと、支持線や抵抗線が視覚的に分かるので取引しやすくなります。

下記チャート例は、水平ラインとトレンドラインを引いたチャートです。

チャート

水平ラインは、ランダムに動いて見えるチャートを見やすく整理し、売買に役立てるツールです。

MT4 / MT5 水平ライン 引き方

パソコン版 MT4 / MT5 水平ラインを引く手順

水平ラインを表示させたいチャートを選択した状態で、MT4/MT5画面上のツールバー「─(水平線アイコン)」をクリック → チャートの上で左クリックを押し続けることで水平ラインを動かし調整しながら表示できます。

水平ライン アイコン

スマホ版 MT4 / MT5 水平ラインを引く手順

スマートフォン版のMT4やMT5の場合は、チャート画面上の「◯△□(図形アイコン)」をタッチ → オブジェクト追加から「─(水平線アイコン)」をタッチ → チャート上に指でタッチを押し続けると水平ラインを動かしながら表示できます。

水平ライン アイコン

水平線を引くポイント

いつも取引に使用する時間足でチャートを表示し、過去の反落や反発する箇所同士を水平ラインで結びます。

複数の水平ラインを引いていくと、水平ライン同士の幅は、ほぼ等しくなることが多くなります。下記チャート例のA/B/C/Dは、どれも同じくらいの幅になっています。

複数 水平ライン

水平ラインを引いたときに水平ライン同士がほぼ等間隔の際は、将来的にもこの水平線で反発や反落する確率が高くなることを表しています。

水平ラインを利用して売買を判断する方法

水平ラインに価格が到達したときの売買判断

  • 価格の上に水平線がある場合: 上値抵抗線(到達で売り)
  • 価格の下に水平線がある場合: 下値支持線(到達で買い)

チャートに表示した水平ラインは、価格が反発や反落する抵抗線や支持線の役割になるので、売買の判断が容易になります。

下記チャートの取引例は、価格が水平ラインに反発した地点で買い、価格が水平線で反落した地点で売りをしています。

水平ラインの取引例

価格の上に水平ラインがある場合

この場合水平ラインは、上値抵抗線(レジスタンスライン)と言われ、価格が到達すると反落する傾向があるラインです。反落したポイントで「売り」注文をすることで利益を上げやすくします。

価格の下に水平線がある場合

この場合水平ラインは、下値支持線(サポートライン)と言われ、価格が到達すると反発する傾向があるラインです。反発したポイントで「買い」注文をすることで利益を上げやすくします。

価格が水平ラインを抜けた方へ売買

  • 上値抵抗線を価格が上に抜ける: 買い注文
  • 下値支持線を価格が下に抜ける: 売り注文

水平ラインは、抵抗線と支持線になるので、価格が水平ラインを抜けると、価格が抜けた方向へ価格は動きやすくなります。

下記チャートは、上値抵抗線を価格が上に突き抜け、価格が更に上昇しているのが分かります。価格が水平ラインを抜けたオレンジ色の丸印のポイントで、「買い」注文をすれば利益がでます。

水平ライン ブレイクアウト

水平ラインの引き方は人それぞれ

水平ラインはだいたいの目安

チャートから過去の高値と高値、安値と安値を線で結び、水平ラインをチャートに表示していきますが、ローソク足のヒゲ(高値/安値)を含めるか含めないかによっても線の引き方が異なります。

また、過去の価格のどの位置で合わせるかによっても水平ラインの位置が微妙に変わってきてしまいます。

水平ライン引き方

  • 赤線: ヒゲ(高値/安値)を含めない水平ライン
  • 赤線:オレンジ線: ヒゲ(高値/安値)を含めた水平ライン

上記チャート例は、のように、ローソク足のヒゲを含めいない水平ライン(赤線)とヒゲを含めた水平ライン(オレンジ線)では位置が異なります。

また、上記チャートでは、下値支持線として2回目に下落が止まったローソク足(チャート中央)に水平線を合わせていますが、3回目に下落したローソク足に水平ラインを合わせていれば、また違った位置になります。

このように、水平ラインは状況や人によって引き方が変わってくるので、必ず水平ラインピッタリで反発や反落するわけではありません。水平ラインは、だいたいの目安としておいた方が良いでしょう。

ダマシに注意

「ダマシ(騙し)」とは、その名の通り相場が反転するように見せかけた騙しです。

水平ラインやトレンドラインなどのラインを価格が一度抜け、相場が反転したと多くのトレーダーに思わせ損切り注文をさせた後、実際は相場は反転せず本来の動きに戻る動き方です。

相場は、強者から弱者までのトレーダーが入り混じり、ヘッジファンド含む機関投資家などの強者トレーダーは弱者から資金を巻き上げます。その動きの一つとして「ダマシ」が発生します。

水平ライン

上記チャートは、水平ラインと合わせてトレンドラインも表示したチャートです。

レジスタンスライン(上値抵抗線)やサポートライン(下値支持線)で価格がピッタリ反転するわけではなく、「ダマシ」という価格が水平ラインを抜けたと思わせる動きにより、水平ラインから価格が外に出る動きをしています。

水平ラインやトレンドラインは、「ダマシ」の動きにも気をつけましょう。

MT4/MT5 水平ライン 使い方 まとめ

  • 安値と安値を結ぶ形で直線を引くと下値支持線になる
  • 高値と高値を結んだ形で直線を引くと高値抵抗線になる
  • 下値支持線は価格が反発する傾向がある
  • 高値抵抗線は価格が反落する傾向がある
  • 水平ラインを価格が抜けると相場は転換する確率が高くなる
  • 相場が反転したと思わせるダマシの動きに注意