MT4/MT5 スマホ 使い方 まとめ

XM MT4 / MT5 スマホ版の「MT4 インストール・ログイン・通貨ペア追加・通貨ペア整理・チャート表示・インジケーター表示・新規注文と決済」方法を各項目に分けてご紹介しています。XM MT4 スマホアプリの使い方は、この1ページですべて解決できます。

XMは、iOS・Androidのスマホやタブレットに口座開設・取引・出金まですべて対応しているので、パソコンを持っていなくてもスマートフォンのみですべての取引を完結できます。

また、外出先でも気軽に簡単に取引できるのもXM MT4 / MT5 スマホアプリのメリットです。

iPhoneのMT4画面で説明していますが、MT5やAndroidでもメニューの配置が少し異なるだけで基本的な操作は同じです。

また、MT4アプリのバージョンによっても多少画面配置が異なります。

MT4 スマホ アプリ インストール方法

XMに限らず他の海外FX業者でも、MT4スマートフォンアプリは、iOSなら「App Store」、Androidなら「Google Play」から、MT4をインストールするだけです。

MT4 インストール画面

MT4 スマホ アプリ ログイン方法

MT4アプリを起動し、「既存の口座にログイン」をタッチします。初回起動時のみ、最初の画面で新規口座が表示されます。尚、10秒間なにもしないと、MT4開発元のMetaQuotes Software.社のデモ口座が開設されます。

MT4 スマホアプリ ログイン画面

既に口座へログインしており、他の口座へログインしたい場合は、「MT4の設定タブ → 口座名をタップ → +アイコンをタッチ → 既存の口座にログイン」を選択します。

MT4 スマホ ログイン

検索フォームに「xmt」を入力すると、XMTradingのサーバ一覧が表示されます。

口座開設した際に取得した「サーバー名」を選択してから、「ログインID」と自分で口座開設のときに決めた「パスワード」を入力し、「サインイン」をタッチします。

MT4 スマホ ログイン

以上で、スマホ版のXM MT4ログインは完了です。

必ず指定のサーバーでログインして下さい

XMTradingの口座開設したときに届くメールの中には「サーバー名」も記載されています。

「XMTrading-Real 20」など、必ず指定されたサーバー名でログインして下さい。指定されたサーバー名以外ではログインできませんのでご注意下さい。

MT4 スマホ アプリ 通貨ペア追加と整理

MT4アプリの初期表示では、最低限の通貨ペアしか表示されていませんので、取引したい通貨ペアを気配値画面に表示させる設定をします。

また、不要な通貨ペアを気配値画面から非表示にし、よく取引する通貨ペアを並び替えて整理することで、取引がしやすくなります。

通貨ペア 追加方法

手順1. 気配値で+アイコンをタッチ

MT4アプリにログイン後、気配値画面の右上にある[+アイコン]をタッチします。

[+アイコン]をタッチすると、「Forex1」や「Spot Metals(貴金属)」「CFD Cash(CFD現物)」など各グループが表示されます。

MT4 スマホ +アイコン

手順2. お好みの通貨ペアを検索する

各グループの中に各通貨ペアが含まれていますので、各グループをタッチ後、お好みの通貨ペアを見つけます。

MT4 スマホ 通貨ペア一覧

尚、画面上の「検索アイコン」をタッチし、通貨名を入力することで簡単に検索することもできます。

例えば「EUR」を検索すると、EURを基軸とした通貨ペア一覧が表示されます。ご希望の通貨ペアを見つけるのが面倒の場合は、検索窓から検索した方が簡単です。

MT4 スマホ 通貨ペア検索

手順3. 通貨ペアの+アイコンをタッチ

表示された通貨ペア一覧からお好みの通貨ペアの左側に表示された+アイコンをタッチします。

タッチするとその通貨ペアが画面から消えますが、バックグラウンドで気配値一覧に登録されています。例えば「EURJPY」をタッチすると、EURJPYは画面から消えますが通貨ペア一覧に正しく追加されています。

MT4 スマホ 通貨ペア追加

気配値の画面に戻ると、先ほど選択した通貨ペアが追加表示されます。

今回は例として、EUR JPYを追加したので、EUR JPYが通貨ペア一覧に表示されるようになりました。

MT4 スマホ 気配値画面

以上で、MT4スマホアプリにご希望の通貨ペアを追加完了です。

通貨ペア 非表示方法

気配値画面から使わない通貨ペアを非表示にすることができます。

MT4アプリの「気配値」画面左上の「ペンマーク」をタッチし、非表示したい通貨ペアにチェック → 画面右上の「ゴミ箱マーク」をタッチで非表示にできます。

MT4 スマホ 通貨ペア 削除

以上の操作だけで、気配値画面から不要な通貨ペアの非表示が完了です。

通貨ペア 並び替え 整理方法

MT4アプリの「気配値」画面左上の「ペンマーク」をタッチします。

移動させたい通貨ペアの右側の「三本線アイコン」をタッチしながら(押し続けながら)お好きな場所へ通貨ペアを移動することができます。

MT4 スマホ 通貨ペア 移動

以上の操作を繰り返し、お好みの場所に通貨ペアを整理できます。

MT4 スマホ アプリ チャート表示方法

チャート表示方法

MT4 スマホ アプリでチャートを表示するには、気配値画面でチャートを表示したい通貨ペアをタッチ → ポップアップ画面で「チャート」をタッチすることでチャートを表示できます。

MT4 スマホ チャート表示

チャート 時間足 変更方法

チャートの時間足変更は、チャート画面の時間足表示の箇所をタッチし、ご希望の時間足をタッチすることで変更できます。

MT4 スマホ チャート時間足

Android版のMT4アプリは、チャート画面をタッチし、ポップアップ画面でご希望の時間足をタッチすることで変更できます。

チャート 色変更方法

手順1. チャート画面で設定をタッチ

チャートを表示している画面をタッチ → 「設定」をタッチします。チャート上であればどこをタッチしてもOKです。

MT4 スマホ チャート画面

手順2. カラー設定画面を開く

画面下の「カラー」をタッチ → 「スキーム」から基本となる配色を選びます。今回は例として、背景を白にしたいので「Black on White」を選択しました。

MT4 スマホ チャート カラー設定画面

この「スキーム」の項目で「Black on White」を選ばなくても、下のカラーから背景などの色を細かく設定できますが、スキームで基本となる色を選択した方がカラーの変更箇所が少なくて簡単です。

手順3. カラーをお好みで変更する

ローソク足の色を変更したい場合は、変更箇所は「上昇バー・下降バー・上昇ローソク・下降ローソク」の4つです。各項目の色の箇所をタッチすると色変更画面になります。

お好みの色へ変更可能ですが、今回は例として上昇を赤色、下降を青色に変更してみます。

チャートの配色例
  • 上昇バー: 赤色
  • 下降バー: 青色
  • 上昇ローソク: 赤色
  • 下降ローソク: 青色

MT4 スマホ チャート カラー設定画面

色の変更を完了しましたら、画面左上からチャート画面へ戻ります。チャート画面では、色が変更され表示されています。

MT4 スマホ チャート

以上で、チャートの色の変更完了です。

MT4 スマホ アプリ 取引方法

新規成行注文方法

「気配値画面から取引したい通貨ペアをタッチ」又は、「取引したい通貨ペアのチャートをタッチ」→「トレード」をタッチします。

MT4 スマホ 注文画面表示

注文画面で「取引数量」を決め、「売り又は買い」を選択するだけで(成行)新規注文が完了です。

MT4 スマホ 注文画面

注文画面の各項目
  1. 取引対象の通貨ペア: 取引する通貨ペアを確認します。
  2. 注文種別: 成行注文、指値・逆指値注文を選べます。
  3. 取引数量: 取引数量(ロット数)を選択します。
  4. ストップロス・テイクプロフィット: 利確と損切りラインを決めることもできます。
  5. 売りと買いボタン: 成行注文の場合、どちらかをタッチするとすぐに注文執行されます。

新規指値・逆指値注文方法

注文画面の注文種別選択項目で、ご希望の注文種別を選択します。

MT4 スマホ 注文画面

注文種別(指値・逆指値注文)
  • Buy Limit(指値買い): 価格が下落したときに、買いたい場合
  • Sell Limit(指値売り): 価格が上昇したときに、売りたい場合
  • Buy Stop(逆指値買い): 価格が上昇したときに、買いたい場合
  • Sell Stop(逆指値売り): 価格が下落したときに、売りたい場合

上記4種類の中の何れかの注文方法を選択すると、「価格」が表示されますので、注文したい価格を入力して「発注」ボタンをタッチすると(予約)注文が完了です。

MT4 スマホ 指値注文画面

「発注」ボタンが押せない?

「注文種別」と「価格」の値に相違があると注文できません。例えば、Buy Limitを指定して、現在値より高い値を入力している場合は注文できません。Buy Limitの場合は、現在値より低い価格を入力する必要があります。

成行決済注文方法

MT4アプリの画面下「トレード」をタッチ → 決済したいポジションを2秒程長押し → 「クローズ」をタッチで決済画面から決済注文をします。

MT4 スマホ 決済注文手順

成行注文(即時決済)の場合は、ご希望の為替レートで「Close with ・・・」ボタンをタッチすることで決済が完了します。

また、数量の箇所を変更することで、分割決済することも可能です。

MT4 スマホ 決済注文手順

以上で、成行注文による決済が完了です。

価格を指定して決済注文する方法

MT4アプリ画面下の「トレード」タブをタッチし、注文変更したいポジションを2秒程長押しでタッチし続け「注文変更」をタッチします。

ストップロス(損切り)、テイクプロフィット(利確)の価格をどちらか一つ、または、両方を入力して「注文変更」ボタンをタッチすることで予約決済注文が完了です。

MT4 スマホ 決済注文手順

以上で、価格を指定して決済が完了です。

XM MT4 スマホアプリの注文方法については、下記の記事で詳細をご紹介しています。

MT4 スマホ アプリ インジケーター表示方法

インジケーター(インディケータ)とは、チャート分析して取引タイミングを判断する指標で、テクニカル分析と言われます。

MT4 スマホアプリは、カスタムインジケーターを表示することはできませんが、標準のインジケーターであれば簡単にチャートに表示することができます。

手順1. fアイコンからインディケータ画面表示

チャート画面上の「f」アイコンをタッチ → インディケータ画面から「メインウィンドウ」をタッチします。

MT4 スマホ インジケーター画面

手順2. ご希望のインジケーター選択

テクニカル分析に用いるツール「インディケータ」は、いくつか種類がありますが、下記「Moving Average(移動平均線)」を例に説明します。

「インディケータ追加」画面で「Moving Average」をタッチし、設定画面を表示させます。

MT4 スマホ インジケーター設定画面

手順3. お好みに合わせて設定

移動平均線の設定箇所は、「期間」と「メソッド(種別)」の2点のみです。

移動平均線 設定例
  • 期間: 5、7、10、14、25、75、100など
  • 移動平均線の種別(メソッド): Simple(単純移動平均線)または、 Exponential(指数平滑移動平均線)
  • スタイル: ご希望の色や線の表示方法

表示するインジケーターによって設定項目は異なります。上記は、移動平均線の設定例です。

ご希望の設定が終わりましたら、「完了」をタッチしチャート画面へ戻ると、移動平均線が表示されているのが確認できます。

MT4 スマホ 移動平均線

以上で、MT4 スマホアプリのチャートに移動平均線の表示が完了です。

上記の基本操作を繰り返し、インジケーターを複数表示することもできます。

各インジケーターの表示方法や使い方は、下記の関連記事から参考いただけます。

MT4 スマホ アプリ インジケーター削除方法

不要になったインジケーターをチャートから削除することも簡単にできます。

インディケータ追加画面右上の「編集」をタッチし、削除したいインディケータの右側「(-)」マークをタッチします。

MT4 スマホ インジケーター編集画面

「削除」ボタンをタッチし、他に削除したいインディケータが無ければ、画面右上の「完了」をタッチします。

MT4 スマホ インジケーター削除

以上で、インジケーターの削除完了です。

MT4 スマホ アプリ ログインできない

XM MT4 / MT5 スマホアプリでログインができない時は、「不正な口座」と表示されるときがあります。

MT4アプリにログインできない際は、以下の6つの何れかが原因の可能性があります。

XM MT4 / MT5へログインできない原因
  1. ログイン情報が間違っている
  2. MT4のIDでMT5へログイン(または、反対で)しようとしている
  3. 口座を有効化していない
  4. 古いバージョンのMT4 / MT5へログインしようとしている
  5. 90日間使用していない口座
  6. 短時間のメンテナンス中

また、「サーバ名が違うため切断されました。証券会社に連絡して下さい。」と表示されたときは、サーバー名が「XM.COM-Real○」でログインしようとしているためです。サーバー名「XMTrading-Real ○」の正しいログイン情報で改めてログインし直してみましょう。

MT4 スマホ アプリにログインできない際の解決策は、下記の記事で詳細を別途ご紹介しています。