MT4 使い方 まとめ

MT4(メタトレーダー4)のインストール方法、注文方法、チャート操作方法、トラブル解決法などの基本的な使い方を項目ごとに分けてまとめています。

ご不明な点は、目次から参照すると簡単です。

尚、MT4の使い方をまとめていますが、MT4もMT5も基本的な使い方は同じです。

また、スマートフォン版のMT4アプリ使い方まとめは、下記の関連記事でご紹介しています。

MT4とは

MT4

MT4(MetaTrader4)とは、無料で使える世界標準の高機能取引ツールです。

MT4を採用するFX業者であれば、一つのMT4ソフトウェア(アプリ)で複数のFX業者でも共通して使うことができます。

海外FX業者のXM(エックスエム)でも、MT4、または、MT4の次世代版であるMT5を使い、注文取引が可能です。

チャートに重ねて表示する分析ツールのインジケーターを利用できるのはもちろんのこと、自動売買も標準機能で利用できます。

パソコン版のMT4アプリは、XM公式サイトからダウンロードし、スマートフォン版のMT4アプリは、、iOSなら「App Store」、Androidなら「Google Play」から、MT4をインストールするだけです。

MT4のダウンロード

MT4のダウンロードは、基本的に口座開設をしている海外FX業者のウェブサイトから行います。

XM Trading(エックスエム トレーディング)であれば、XM Trading公式サイトトップページのメニュー「プラットフォーム」から無料ダウンロード可能です。

MT4ダウンロード画面

MT4 チャート表示方法

まずは、気配値表示枠内(どこでもOK)で右クリック → 「すべて表示」をクリックして全通貨を表示させます。

この操作をしないと、ご希望の通貨ペアが表示されないことがあるためです。

MT4 全通貨ペア表示

MT4画面上のメニュー枠にある「+アイコン」をクリックし、チャート表示したい通貨ペアを選んでご希望のチャート表示ができます。

MT4 チャート表示

MT4の初期設定方法

MT4をインストール後、すぐに取引で利用できますが、自分好みに初期設定をした方が使いやすくなります。

最低でも、取引しないチャートは閉じ、取引したいチャートを整列して表示する設定はした方が便利です。

MT4 チャート整列

取引したいチャートを表示したあとに整列アイコンをクリックすると、チャートを綺麗に整列できます。

MT4 チャート整列

MT4 注文方法

MT4で新規注文するには、取引したいチャートを選択し、新規注文ボタンをクリックして、注文画面から注文します。

MT4注文方法

「オーダーの発注」画面で、「数量、注文種別」を選択し注文ボタンを押すと注文完了です。

MT4注文画面

成行注文以外に価格を指定して注文する指値注文と逆指値注文の方法は、下記の「MT4 新規注文方法」の記事でご紹介しています。

MT4 インジケーターの使い方

チャートから売買の判断をする為に利用するのが、「インジケーター(インディケータ)」と言われる指標です。

様々な種類のインジケーターがありますが、一般的に多く使われているのは「移動平均線」「ボリンジャーバンド」「エンベロープ」「MACD」「RSI」などです。

それぞれのインジケーターの目的や表示方法、取引に活用する方法は、下記の記事で詳細をご紹介しています。

MT4の便利な使い方

MT4内に標準で入っているインジケーターやスクリプト以外に、個別にインジケーターをインターネットからダウンロードして使用することも可能です。

多くのカスタムインジケーターがありますが、その中でも人気が高く便利なインジケーターは下記の3つです。

JPN_Time_SubZero

JPN_Time_SubZeroは、MT4に日本時間も表示することができるインジケーターです。

MT4 日本時間

ダウンロード方法や使い方は、下記のリンク先の記事でご紹介しています。

SpreadLabel

SpreadLabelは、MT4チャートにリアルタイムで、スプレッドを表示できるインジケーターです。

MT4 リアルタイム スプレッド

ダウンロード方法や使い方は、下記のリンク先の記事でご紹介しています。

OneClickClose

OneClickCloseは、MT4で一括決済できるプログラムです。

MT4は標準で一括決済できる機能がないので、すべてのポジションを1クリックで一括で決済したい際は、このOneClickCloseをMT4に導入します。

MT4 一括決済

ダウンロード方法や使い方は、下記のリンク先の記事でご紹介しています。

MT4使用で困った時

MT4でよくあるトラブル
  • チャートが動かない
  • 注文ボタンがグレーアウトして押せない
  • チャートに「アップデート待機中」と表示される
  • 通貨ペアやCFD銘柄が表示されない
  • 発注リンクがない
  • 「証拠金不足です。」と表示される
  • 「現在価格から◯◯ポイント圏内の注文は発注できません。」と表示される
取引できない原因主なトラブル解決方法
  1. 取引時間外
  • 注文ボタンがグレーアウトして押せない
  • チャートが動かない
  • 取引時間内に注文する
  1. すべての銘柄を表示していない
  • 銘柄が表示されない
  • 「気配値表示」枠の上で右クリック→「すべて表示」をクリック
  1. 口座タイプに合ったチャートを表示していない
  • チャートに「アップデート待機中」と表示される
  • 注文ボタンがグレーアウトして押せない
  • 発注リンクがない
  • 口座タイプに合う適切なチャートを表示する
  1. 証拠金不足
  • 「証拠金不足です。」と表示される
  • 必要証拠金を確認する
  • 注文ロット数を確認する
  1. スプレッド以上の幅で指値注文していない
  • 「現在価格から◯◯ポイント圏内の注文は発注できません。」と表示される
  • ◯◯ポイント以上の価格を指定して注文する
  1. 注文種別に対する価格指定値が間違っている
  • 発注ボタンがグレーアウトして押せない
  • 注文種別に対する適切な価格を指定する
  1. 最低注文ロット数が適切でない
  • 発注ボタンがグレーアウトして押せない
  • 銘柄や口座タイプに合った適切な注文ロット数を入力する
  1. 取引可能な限月が過ぎている(CFD)
  • チャートに「アップデート待機中」と表示される
  • 注文ボタンがグレーアウトして押せない
  • チャートが動かない
  • 発注リンクがない
  • 新しい限月のチャートを表示する

上記主なトラブルの解決方法は、下記リンク先の記事でご紹介しています。

MT4で最低限覚えれば良い機能

MT4(MetaTrader4)は、高機能で自動売買なども含め様々なことが可能ですが、全ての機能を覚える必要はありません。

最低限覚えておけば良い機能は、下記の通りです。

関連記事