XM 取引方法|MT4 成行・指値・逆指値・決済・OCO・IFD・IFO注文

XM(XMTrading)で取引をするには、XM 口座開設をした後に、取引ツールのMT4やMT5を使って取引します。

MT4やMT5は、世界標準で使われている高機能取引プラットフォームで、取引方法は通貨ペアのチャートを表示選択し、ツールバーの「新規注文」ボタンをクリックすることで注文することができます。

MT4 / MT5は、パソコン・iOS・Androidの各端末に対応しており、高機能でありながら誰でも簡単に取引注文をすることができます。

この記事では、パソコンのMT4による注文操作方法をご紹介していますが、MT5でも同じ操作で取引ができます。

XM 取引の準備として、まずは下記の手順に沿って「4. MT4・MT5 インストールとログイン」項目まで完了しておきます。

    この記事の場所

  1. XM 口座開設
  2. XM 本人確認書類のアップロード
  3. XM 新規口座開設ボーナスの受け取り
  4. MT4・MT5 インストールとログイン
  5. 取引開始現在のステップ
  6. XM 入金
  7. XM 出金

MT4 オーダーの発注画面を表示する

MT4 / MT5を使って取引するには、すべて「オーダーの発注画面」から操作するため、まずはオーダーの発注画面を表示させます。

オーダーの発注画面の表示方法は下記の5通りあります。

オーダーの発注画面表示方法
  • 気配値表示の枠から、取引したい通貨ペアをダブルクリック
  • チャートの上で右クリック → 注文発注 → 新規注文をクリック
  • 新規注文ボタンをクリック → 通貨ペア項目から取引希望の通貨ペアを選択
  • 取引したい通貨ペアのチャートを選択 → 新規注文ボタンをクリック
  • 取引したい通貨ペアのチャートを選択 → キーボードのF9を押す

この記事では、「取引したい通貨ペアのチャートを選択 → 新規注文ボタンをクリック」して「オーダーの発注画面」を表示させる方法を例にご紹介します。

手順1: 取引したい通貨ペアのチャート表示

MT4は、初期状態では全銘柄が表示されていないので、まずはすべての銘柄を表示させる設定をします。

MT4画面左の「気配値表示」枠で右クリック→「すべて表示」をクリックします。

MT4 通貨ペア表示

MT4画面左上の「+」アイコンをクリックするか、または「ファイル」→「新規チャート」で取引したい通貨ペアを選択することでチャートが表示されます。

MT4 チャート表示

口座タイプ専用のチャートを選択

XMは、口座タイプ専用のチャートを選ばないと取引ができません。

  • XM マイクロ口座: Group Microフォルダの中の「銘柄名micro」(銘柄名の後ろにmicro表記)(例)USDJPYmicro
  • XM スタンダード口座: ForexやCFDフォルダの中の「銘柄名」だけの表記(例)USDJPY
  • XM Zero口座: Group ECNフォルダの中の「通貨ペア.」(通貨ペアの後ろに「.(ドット)」表記)(例)USDJPY.

手順2: オーダーの発注画面を表示

取引したい通貨ペアのチャートをクリックして選択した状態 → MT4画面上ツールバーの「新規注文」をクリックします。

ここで、チャートの上で右クリック → 「注文発注」 → 「新規注文」をクリックしてもオーダーの発注画面を表示できます。

MT4 新規注文

「オーダーの発注」画面がポップアップで表示されますので、このオーダーの発注画面から注文します。

MT4 新規注文画面

オーダーの発注画面の見方

オーダーの発注画面に表示された各項目の見方は、下記の通りです。

MT4 発注画面

オーダー発注画面の各項目
  1. 画面左: 現在の為替レート(売値と買値表示)
  2. 通貨ペア: (必須)取引したい通貨ペアを選択します
  3. 数量: (必須)売買するロット数の入力
  4. 決済逆指値(S/L): 損切りする価格
  5. 決済指値(T/P): 利益確定したい価格
  6. コメント: メモを残すこともできる
  7. 注文種別: (必須)「成行注文」か「指値注文」を選択
  8. 注文ボタン: (必須)ボタンをクリックすると注文完了

各項目をどのように使い、取引注文をしていくのかについては、後述する各注文方法で解説しています。

MT4 成行注文方法

成行注文(なりゆきちゅうもん)とは、注文ボタンを押すときの為替レートで、すぐに売買が成立する注文方式です。

価格を指定せずに、今すぐに注文したいときに利用します。

手順1: 数量にロット数を入力

通貨ペア欄が取引したい通貨ペアになっているか確認した後、「数量」に取引したいロット数を入力します。

MT4 新規注文画面

1ロットあたりの通貨量

XMは、口座タイプ毎に1ロットの取引量が異なります。0.01ロット単位で注文できます。

  • マイクロ口座: 1ロット=1,000通貨
  • スタンダード口座: 1ロット=100,000通貨
  • Zero口座: 1ロット=100,000通貨

どのくらいの資金で、1ロット取引できるの?

取引量の1ロット=10万通貨とは、例えば、ドル/円の為替レートが100.00円の場合、「100.00円 × 10万通貨 = 1千万円」分の取引をするという意味です。

FXが初めての方は、「1千万円も口座にないよ!」と思うかもしれませんが、レバレッジ(テコの原理)という仕組みにより、口座残高は少額でも1千万円分の取引が可能です。

海外FX業者のXMは、最大レバレッジ888倍を提供しているので、「1千万円 ÷ 888 = 11,261円」となり、最低でも約1万2千円あれば1ロットを取引できることになります。更にXMは、0.01ロットで取引できるので、約120円の資金で0.01ロット(1,000通貨)が取引できます。

この「○ロット取引するのに最低でもいくら必要か」というのは、「必要証拠金」と言われます。

実際の取引では、必要証拠金よりも多くの金額を口座に入れておかなければ、取引中に損失が少し広がっただけでロスカット(強制決済による損失確定)になってしまうので注意しましょう。

日本国内FX業者の場合は、最大レバレッジ25倍ですから、同じ条件で1ロット=10万通貨を取引する場合は、最低40万円の投資金が必要になるので、海外FXのXMがレバレッジにおいても優位になります。

関連記事

手順2: 注文種別で成行注文を選択して注文

MT4 注文種別

成行注文であれば、そのまま「成行売り」または、「成行買い」のどちらかの注文ボタンをクリックすれば、クリックした段階で即時約定されます。

注文する通貨ペアのチャートが今後上昇すると判断したなら「買い」、下落すると判断したなら「売り」の注文をします。

以上の手順で、成行注文の取引が完了です。

ワンクリックトレーディング

最短最速で成行注文をするのであれば、取引したいチャートにワンクリックトレーディングのボタンを表示して、数量入力とボタンをクリックするだけで注文ができます。

MT4 ワンクリックトレーディング

ワンクリックトレーディングは、チャートの上で右クリック → 「ワンクリックトレーディング」をクリック(または、「Alt+t」)で、表示・非表示を切り替えられます。

以上の2操作だけで、成行注文が完了します。

ただし、クリックひとつで発注されてしまうため、誤発注を防ぐためにも、普段は非表示にしておいた方がよいでしょう。

MT4 指値・逆指値注文方法

指値・逆指値注文とは、指定した価格で予約注文する注文方式です。

指定価格以上になれば売り、指定価格以下になれば買いなど、価格を決めて条件を満たしたときに、自動的に注文執行をしたいときに利用します。

手順1: 数量にロット数を入力

通貨ペア欄が取引したい通貨ペアになっているか確認した後、「数量」に取引したいロット数を入力します。

MT4 新規注文画面

手順2: 注文種別で指値注文を選択

注文種別で「指値注文」を選択すると、「指値または逆指値注文(新規注文)」枠が新たに表示されるので、更に注文種別で「Buy Limit」など4種類の注文方法から選択します。

MT4 指値 逆指値注文

  1. 注文種別で指値注文を選択
  2. 更に表示された注文種別を選択
指値・逆指値の注文種別
  • Buy Limit(指値買い): 価格が下落したときに、買いたい場合
  • Sell Limit(指値売り): 価格が上昇したときに、売りたい場合
  • Buy Stop(逆指値買い): 価格が上昇したときに、買いたい場合
  • Sell Stop(逆指値売り): 価格が下落したときに、売りたい場合

手順3: 価格を入力し注文

「価格」項目に希望の価格を入力 → 発注ボタンをクリックで予約注文がされます。

尚、下の項目の「有効期限」を入力することで、注文の有効期限を設定することもできます。(必須ではありません)

MT4 指値 逆指値注文

  1. 注文種別が正しいことを確認
  2. 希望の価格を入力
  3. 発注ボタンをクリック

以上の手順で、指値・逆指値注文(予約)が完了です。

条件を指定した価格に為替レートが到達すると、自動的に注文が執行されます。

「発注」ボタンが押せない?

「注文種別」と「価格」の値に相違があると注文できません。例えば、Buy Limitを指定して、現在値より高い値を入力している場合は注文できません。Buy Limitの場合は、現在値より低い価格を入力する必要があります。

「現在価格から◯◯ポイント圏内の注文は発注できません」とは?

◯◯ポイント圏内の発注ができないのは、「売り」と「買い」の差によるスプレッド分がある為です。

例えば、「40ポイント」というのは「4 pips」を意味しています。40ポイント(4pips)以上の価格を入力する必要があります。

MT4 決済方法(成行決済注文)

MT4で成行注文による決済で一番簡単な方法は、1クリック決済です。ポジション一覧の横のバツ印をクリックするだけで即時決済されます。

1クリック決済

MT4画面下「ターミナル」の「取引タブ」から、決済したいポジション右側の「×印」をクリックします。

初回のみ注意事項が表示されるので、同意した後に再度バツ印をクリックすると、即時決済されます。

MT4 ワンクリック決済

以上の1クリック操作だけで、成行決済が完了です。

もし、「ターミナル」が表示されていない際は、MT4画面上のメニューのターミナルアイコンをクリックすると表示・非表示を切り替えられます。

MT4ターミナル

注文の発注画面から成行決済

1クリック決済の他に、注文の発注画面から決済する方法もあります。

「ターミナル」の「取引タブ」から、決済したいポジションの数量の箇所をダブルクリックして、オーダーの発注画面を開きます。

MT4ターミナル

他の場所(「決済指値」「決済逆指値」)をダブルクリックすると、決済変更画面が表示されてしまうので、決済したい場合は「数量」の箇所をダブルクリックします。

オーダーの発注画面で「成行決済」ボタンをクリックすると、即時決済されます。

尚、数量の箇所をポジションの数量以下に入力し直し、成行決済をクリックすることで、分割決済をすることもできます。

MT4ターミナル

この注文の発注画面で「買い」「売り」の発注ボタンをクリックしてしまうと、新たな建玉として注文されてしまいますので、決済したい際は「決済」ボタンをクリックするようにしましょう。

以上で、成行決済が完了です。

一括で成行決済

MT4標準機能ではありませんが、一括決済スクリプトをダウンロードして、MT4へ適用することで全てのポジションを一括決済させることもできます。

MT4一括決済

日本人トレーダーによって製作された「OneClickClose」というスクリプトを使用します。製作者のウェブサイトからダウンロード可能です。

以上のスクリプト使用で、一括成行決済が完了です。

MT4 OCO注文(指値決済注文)

OCO注文とは、「One Cancels the Other」の略で、指値・逆指値の2つの注文を同時に発注し、片方の注文が約定すると、もう片方の注文がキャンセルされる注文方式です。

決済の場面でOCO注文が可能で、利益確定と損切り注文を同時に予約注文することができるため、損失額を限定しながら利益額も追求できます。

手順1: 建玉の決済指値をダブルクリック

MT4画面下「ターミナル」の「取引タブ」に表示されたポジション一覧の、「決済指値」項目の価格欄をダブルクリックします。

MT4指値決済

手順2: S/LとT/P両方入力し注文変更

「決済逆指値(S/L)」「決済指値(T/P)」の項目を両方入力し、「変更」ボタンをクリックします。

MT4指値決済

ここで、「決済逆指値(S/L)」「決済指値(T/P)」のどちらか一つを入力することで、通常の指値決済の予約注文が可能です。

OCO注文は、「決済逆指値(S/L)」「決済指値(T/P)」の両方を入力します。

建玉の変更
  • 決済逆指値(S/L): 損切りする価格
  • 決済指値(T/P): 利益確定したい価格

以上で、OCO注文が完了です。

MT4 IFD注文

IFD注文とは、「If done(イフダン)」の略で、新規注文と同時に損切り又は利益確定の決済注文一つを合わせて発注できる注文方式です。

例えば、ドル円が100.00円になったら買い、101.00円になったら売る、ということを自動で注文することができます。

MT4 オーダーの発注画面でIFD注文

MT4 IFD注文

IFD注文方法
  1. 通貨ペア: (必須)取引したい通貨ペアが正しいか確認します
  2. 数量: (必須)売買するロット数の入力
  3. 決済逆指値(S/L)と決済指値(T/P): (必須)どちらか一つを入力
  4. 注文種別: (必須)「指値注文」を選択(成行注文でも可)
  5. 指値注文種別: (必須)「Buy Limit」または「Sell Limit」を選択
  6. 価格: (必須)価格を入力
  7. 発注ボタン: (必須)ボタンをクリックすると注文完了

以上の入力で、IFD注文が完了です。

MT4 IFO注文

IFO注文とは、「If Done + One Cancels the Other order」の略で、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方式です。

新規注文と同時に損切り注文と利益確定注文の決済注文を発注できます。

IFDとIFOは、IFD注文が損切りor利益確定の決済注文どちらか一つなのに対し、IFO注文は損切りと利益確定の両方の決済注文ができる違いがあります。。

MT4 オーダーの発注画面でIFO注文

MT4 IFO注文

IFO注文方法
  1. 通貨ペア: (必須)取引したい通貨ペアが正しいか確認します
  2. 数量: (必須)売買するロット数の入力
  3. 決済逆指値(S/L)と決済指値(T/P): (必須)両方を入力
  4. 注文種別: (必須)「指値注文」を選択(成行注文でも可)
  5. 指値注文種別: (必須)「Buy Limit」または「Sell Limit」を選択
  6. 価格: (必須)価格を入力
  7. 発注ボタン: (必須)ボタンをクリックすると注文完了

以上の入力で、IFO注文が完了です。

MT4 注文の変更・削除

注文の変更方法

「ターミナル」の「取引タブ」から一覧が表示されていますので、変更したい項目の「数量」をダブルクリックします。

MT4 注文変更

「オーダーの発注画面」が表示されるので、変更したい項目を変更し、「注文の変更」ボタンをクリックすることで注文が修正されます。

MT4 注文変更

数量は変更できませんので、数量を変更したいときは、一度削除してから注文し直します。

約定されている建玉(ポジション)は、決済注文のみ変更できます。

注文の削除方法

1クリック決済と同じように、削除したい項目の右側の「☓印」をクリックすることで予約注文を削除できます。

MT4 注文削除

約定されている建玉(ポジション)は、☓印をクリックすると成行決済されるので注意しましょう。

建玉の決済注文を削除したい際は、「注文の変更」手順にて決済逆指値(S/L)と決済指値(T/P)項目の価格を「0」にすることで削除(無効)できます。

XM MT4で最短の取引方法

MT4で行う、成行・指値・逆指値・決済・OCO・IFD・IFO注文とすべての注文方法をご紹介しましたが、「価格を指定して取引しない」のであれば、成行注文と1クリック決済だけで1取引を完結できます。

最短で取引するのであれば、下記の手順となります。

FX 最短取引方法
  1. 取引したいチャートの表示
  2. ワンクリックトレーディングで成行注文
  3. ☓印で1クリック決済

以上の3ステップだけで、新規注文と決済ができます。

FXは、チャートを見て為替レートが上昇すると判断したなら「買い注文」、下落すると判断したなら「売り注文」をするだけです。

しかし、チャート表示だけを見ても上昇か下落かは判断が難しいため、インジケーターというツールをチャートに重ねて売買の判断をします。このインジケーターで売買を判断する方法を「テクニカル分析」といいます。

XM 新規口座開設ボーナス3,000円だけで取引できる数量

XMは、新規口座開設して本人確認書類をアップロード後に、3,000円のボーナスを受け取ることができます。

入金をしなくても3,000円ボーナスを証拠金として取引ができますが、この3,000円ボーナスだけでどのくらいのロット数(数量)が取引できるのか、目安として掲載しておきます。

ロット数必要証拠金証拠金維持率
0.01(1,000通貨)130円2308%
0.05(5,000通貨)648円463%
0.10(10,000通貨)1295円232%
0.20(20,000通貨)2590円116%

ドル円115.00のときに、XMスタンダード口座で取引した場合。必要証拠金と証拠金維持率は、目安です。証拠金維持率は、20%を下回るとロスカットになってしまいますので注意しましょう。

XM Trading 取引後の手順

  1. XM 口座開設
  2. XM 本人確認書類のアップロード
  3. XM 新規口座開設ボーナスの受け取り
  4. MT4・MT5 インストールとログイン
  5. 取引開始
  6. XM 入金 ← 次のステップ
  7. XM 出金

まずは、XM 新規口座ボーナスだけで取引をしてみて、「ボーナスを使い切ってしまった」「もっと大きな取引をしたい」となった際は、XMへ入金をして取引をします。

XMへの入金は、銀行振込やクレジットカード/デビットカード、ビットコイン、bitwallet(電子財布)を利用することができ、銀行振込以外なら入金額が即時口座へ反映されスムーズに入金ができます。

更に、入金額に応じてボーナスをもらえる入金ボーナスのキャンペーンも定期的に開催しているので、もらったボーナスを活用して更に大きな取引をすることもできます。