XM CFD取引

XMは、FX取引だけではなく、「貴金属4銘柄、商品先物8銘柄、現物株式指数18銘柄、先物株式指数11銘柄、エネルギー5銘柄」の合計46のCFD銘柄も取引できます。

XMのCFD取引は、最大レバレッジが適用されず、独自の計算式により必要証拠金が算出されます。

この記事1ページで、XMでCFD取引する際の必要証拠金の算出方法、CFDの取引方法、CFD取引に関する注意事項など、XM CFD取引に関するすべてが解決します。

目次

CFDとは

CFDは「Contract For Difference」の略称で、「差金決済取引」と呼ばれます。

為替、株式、株価指数、原油、貴金属などの商品に、差金決済で取引することができる金融商品の総称です。そのため、為替(FX)も差金決済取引(CFD)のカテゴリに含まれます。

差金決済取引とは、売りと買いの差額のみを受渡しする仕組みの取引です。レバレッジを活用し差額のみをやり取りするので、多額の資金を用意しなくても商品取引や為替取引が可能になります。

CFDとFXの主な違い

CFD(差金決済取引)の中の一つのFX(外国為替証拠金取引)ですが、FXと商品CFDでは、主に下記の3つの違いがあります。

  1. 取引時間
  2. 先物・現物
  3. 必要証拠金の計算方法

取引時間

取引時間の違い
  • FX: 平日 24時間取引
  • CFD: 各銘柄により異なる

CFD銘柄の取引時間は、XM公式サイトの「コモディティ(商品)」「株式指数」「貴金属」「エネルギー」のタブの「取引時間」から確認できます。

先物・現物

先物・現物による概念の違い
  • FX: 先物・現物の概念がない(「FX」という金融商品だけ)
  • CFD: 銘柄により先物と現物に分類される

先物取引、現物取引とは

先物取引、現物取引の違い
  • 先物取引: デリバディブ(派生商品)の一つで、一定の期日までにその商品の将来の価格を売買します。先物には実物がなく、将来の価値(数値)だけを売買します。
  • 現物取引: 市場での実物の取引です。日常生活で例えると、スーパーの買い物は全て現物取引となります。

一般的に、株式指数のみ現物取引可能で、その他の金融商品は先物取引となります。

ゴールドや原油などを現物取引にすると、実物が届いてしまう意味になりますから、投資という枠組みでは商品CFDは先物取引となります。

必要証拠金の計算方法

必要証拠金計算式の違い
  • FX: 「約定価格」 × 「取引通貨単位」 × 「数量」 ÷ 「最大レバレッジ」 = 「必要証拠金」
  • CFD: 「約定価格」 × 「コントラクトサイズ(取引単位)」 × 「数量(ロット数)」 × 「証拠金率」 = 「必要証拠金」

FXは、最大レバレッジにより必要証拠金が計算されるのに対し、CFDは各銘柄毎に設定された証拠金率により計算されます。

証拠金率は、XM公式サイトの「コモディティ(商品)」「株式指数」「貴金属」「エネルギー」タグの各銘柄項目から最新証拠金率が確認できます。(証拠金率は、相場の状況に合わせ不定期で変更されます)

CFD 取引方法

XMのCFD取引は、XM Zero口座以外の「XM スタンダード口座」「XM マイクロ口座」で取引することができます。

FXと同じく取引ツールのMT4やMT5を使い、CFD取引の注文をします。

手順1. すべての銘柄を表示

MT4は、初期状態では全銘柄が表示されておらず、CFD銘柄もほとんどが表示されていない状態なので、まずはすべての銘柄を表示させる設定をします。

MT4画面左の「気配値表示」枠で右クリック→「すべて表示」をクリックします。

MT4 すべて表示

手順2. 取引したい銘柄チャートを表示

いくつか注文方法がありますが、まずはチャートを表示して、チャートから注文画面を表示させる方法が簡単です。

MT4画面左上の「+」アイコンをクリック → 取引したい銘柄を選択しチャートを表示します。CFD銘柄は「CFD Cache(現物)」「CFD Future(先物)」フォルダにあります。

MT4 チャート表示

手順3. オーダーの発注画面で注文

オーダーの発注画面で、「数量」「注文種別」を選び、「注文」ボタンをクリックすることで成行注文(即時注文)できます。

CFD注文画面

オーダー発注画面の各項目
  1. 画面左: 現在の価格レート(売値と買値表示)
  2. 通貨ペア: (必須)取引したい銘柄を選択します
  3. 数量: (必須)売買するロット数の入力
  4. 決済逆指値(S/L): 損切りする価格
  5. 決済指値(T/P): 利益確定したい価格
  6. コメント: メモを残すこともできる
  7. 注文種別: (必須)「成行注文」か「指値注文」を選択
  8. 注文ボタン: (必須)ボタンをクリックすると注文完了

CFDの「数量」は、1.00ロット単位です。0.01や1.5など1ロット単位ではない数字を数量に入力してしまうと、単位に間違いがあるため注文ボタンを押すことはできません。

価格を指定して注文する方法など、より詳しい取引方法は、下記リンク先の記事でご紹介しています。

CFD 必要証拠金 計算手順

XM CFD 必要証拠金 計算式

CFDの必要証拠金計算は、下記の計算式に基づいて算出します。

「約定価格」 × 「コントラクトサイズ(取引単位)」 × 「数量(ロット数)」 × 「証拠金率」 = 「必要証拠金」

用語説明
約定価格対象銘柄の約定価格。
コントラクトサイズ取引単位。(FXの通貨量単位に相当)
MT4/MT5、または、XM公式サイトのCFD商品ページで確認できます。
ロット数取引したい量。銘柄により1ロットあたりの価値(コントラクトサイズ)が異なります。
証拠金率対象銘柄を取引するための最低限必要な資金の比率。
MT4/MT5、または、XM公式サイトのCFD商品ページで確認できます。

貴金属のゴールドとシルバーの必要証拠金計算式は、「ロット数 × コントラクトサイズ × 市場価格 ÷ レバレッジ」で計算されます。

コントラクトサイズと証拠金率を確認

計算式に当てはめる「コントラクトサイズ(取引単位)」と「証拠金率」は、XM公式サイト、または、MT4/MT5で確認できます。

XM公式サイトから確認する方法

XM公式サイトのメニュー「取引」 → 取引商品の「コモディティ(商品)、株式指数、貴金属、エネルギー」の中から、確認したい項目をクリックします。

XM 公式サイト

CFD紹介画面の下の方に「スプレッド / 条件」が表示されています。

この詳細の表から、各銘柄の「1ロットあたりの価値(コントラクトサイズ)」と「必要証拠金率」を確認できます。

CFD詳細

MT4/MT5で確認する方法

MT4/MT5画面左上の「気配値表示」から確認したい銘柄を選択 → 右クリックで「仕様」をクリックします。

MT4 銘柄 仕様確認

銘柄の取引条件画面で「契約サイズ(1ロットあたりの価値(コントラクトサイズ))」と「証拠金率」を確認できます。

MT4 銘柄 取引条件画面

CFDの必要証拠金 計算例

「CFD 必要証拠金 計算式」に前項で確認した「コントラクトサイズ」と「必要証拠金率」を当てはめていきます。

XMに限らずFX業者は、自動で必要証拠金が取引ツールに表示されない仕様なので、取引するのにどのくらいの資金が最低限必要かを自分で計算する必要があります。

その1. OIL(原油)の必要証拠金 計算例

OIL(原油)CFDの計算条件
  • 約定価格: OIL価格が60ドルで約定
  • 注文数量(ロット数): 1ロット

OIL(原油)のコントラクトサイズと必要証拠金率は、XM公式サイトの「エネルギー – スプレッド / 条件」で確認できます。

OIL CFD仕様確認

この時期の最新情報では、コントラクトサイズが1ロット=100 Barrels、必要証拠金率が1.5%でした。

これらの条件をもとに、下記計算式に当てはめていきます。

OIL CFDの必要証拠金 計算例
  • 「約定価格」 × 「コントラクトサイズ(取引単位)」 × 「数量(ロット数)」 × 「証拠金率」 = 「必要証拠金」
  • 「60ドル」 × 「100 Barrels」 × 「1ロット」 × 「1.5%(0.015)」 = 「90ドル」

以上の計算から、上記条件によるOIL 1ロットあたりの必要証拠金は、90ドルとなります。

その2. JP225Cash(日経225現物)の必要証拠金 計算例

JP225Cash(日経225現物)CFDの計算条件
  • 約定価格: OIL価格が21,000円で約定
  • 注文数量(ロット数): 100ロット

JP225Cash(日経225現物)の必要証拠金率は、XM公式サイトの「株式指数 – スプレッド / 条件」で確認できます。

日経225仕様確認

この時期の最新情報では、必要証拠金率が0.5%でした。コントラクトサイズは記載されていませんが、株式指数の場合1ロットあたりの価値(取引単位)は「1」となります。

これらの条件をもとに、下記計算式に当てはめていきます。

JP225 CFDの必要証拠金 計算例
  • 「約定価格」 × 「コントラクトサイズ(取引単位)」 × 「数量(ロット数)」 × 「証拠金率」 = 「必要証拠金」
  • 「21,000円」 × 「1」 × 「100ロット」 × 「0.5%(0.005)」 = 「10,500円」

以上の計算から、上記条件によるJP225(日経225)CFD 100ロットあたりの必要証拠金は、10,500円となります。

株式指数CFDにおける「先物」と「現物」の違い

株式指数は、先物と現物取引がありますが、主な違いは下記の通りです。

 先物(Future)現物(Cache)
限月ありなし
スプレッド(現物より)広い(先物より)狭い
スワップなしあり
配当金なしあり
取引時間共通
手数料なし

先物の限月とは

限月とは、取引できる期限が満了する月のことをいいます。

現物は限月がなく、期限なしで取引できます。先物は取引できる期限(限月)があり、期限までに決済する必要があります。

限月までは何度でも取引可能ですが、満期日でポジションを保有していると自動的に反対売買で決済されます。

尚、限月は1ヶ月や3ヶ月など商品によって異なります。

各商品の限月は、XM Trading公式サイト株式指数ページのカレンダーの満期項目から確認できます。

先物株式指数 満期日

また、MT4やMT5で株式先物指数チャートを開き、チャートの左上でも限月を確認可能です。

チャート画像

JUN19は、6月19日を意味します。

限月を過ぎたチャートは使えない

限月を過ぎたチャートは表示されないか、チャートの値動きが止まるので、MT4/MT5で新しい限月のチャートを開き直す必要があります。

MT4 CFD限月 切り替え

現物と先物 スプレッドの違い

スプレッドは、現物の方が狭く、先物の方が広い傾向にあります。そのため、先物と現物では若干レートが異なります。

短期売買をするのであれば、スプレッド分を考慮して現物の方が良いでしょう。

先物と現物 スプレッド比較

日経225の先物(上)と現物(下)のスプレッドを比較

現物のスワップポイント

先物はスワップポイントが無く、現物にはスワップポイントがあります。

スワップポイントは、MT4/MT5の左上「気配値表示」に表示された各商品を右クリック → 「仕様」で確認できます。

MT4 スワップ確認画面

スワップ額の算出及び反映は、サーバー時間00:00(時刻帯はGMT+2、夏時間に注意)に実行されます。また、水曜日から木曜日に切り替わるタイミングで、スワップは3日分が請求されます。

現物の配当金

先物は配当金がありませんが、現物取引は配当金があります。

配当金は、商品によってスケジュールや配当額が異なります。各配当金の詳細は、XM Trading公式サイトの指数配当金欄から確認できます。

MT4 配当金確認画面

買いポジションであれば配当金を受取ることが出来ますが、売りポジションの場合は反対に利息が請求されます。

取引時間

取引時間は、先物も現物も同じ時間帯です。

銘柄により取引時間が異なります。銘柄ごとの詳しい取引時間は、XM Trading公式サイトのCFDページから確認できます。

CFD 取引時間確認画面

その他。MT4/MT5の左上「気配値表示」に表示された各商品を右クリック → 「仕様」からも確認できます。(表示されている時間は、サーバータイムです)

MT4 取引時間確認

取引手数料

取引手数料は、先物・現物共にありません。

取引手数料は無料ですが、相当する分がスプレッドに含まれています。

XMで取引できるCFD銘柄と特徴

コモディティ(商品)

コモディティ(商品)は、大豆・とうもろこし・砂糖・コーヒー・ココアなどの商品を指します。主に穀物などの農産物の取引が出来ます。

生産地の悪天候が続き、生産量が減少する恐れがあると、その商品に対する価格が上昇する傾向があり、その他、世界の需要と供給のバランスや政治経済の状況、米ドルの動向の要因により商品の価格が動くきっかけになります。

No銘柄名銘柄名(訳必要証拠金率取引時間(日本時間)
1COCOAUSココア2%
レバレッジ50倍相当
平日: 17:50 - 01:25
2COFFEUSコーヒー2%
レバレッジ50倍相当
平日: 17:20 - 01:25
3CORNUSコーン2%
レバレッジ50倍相当
平日: 08:05 - 20:40,
   21:35 - 02:10
4COTTOUSコットン2%
レバレッジ50倍相当
平日: 09:05 - 02:15
5HGCOPハイグレード銅2%
レバレッジ50倍相当
平日: 06:05 - 04:55
6SBEANUS大豆2%
レバレッジ50倍相当
平日: 09:05 - 21:40,
   22:35 - 03:10
7SUGARUS砂糖2%
レバレッジ50倍相当
平日: 16:35 - 00:55
8WHEAT小麦2%
レバレッジ50倍相当
平日: 08:05 - 20:40,
   21:35 - 02:10

株式指数

世界中の主要な株式指数を取引できます。

日本では、日経平均株価(日経225)がニュースでも良く聞く株式指数です。日本に限らずアメリカ、ドイツ、フランス、中国、シンガポールなどの株価指数を取引出来ます。

現物株式指数銘柄

No銘柄名銘柄名(訳必要証拠金率取引時間(日本時間)
1AUS200Cash豪S&P/ASX2001%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:55 - 13:25,
   14:15 - 03:55
2CHI50Cash中国A株501.5%
レバレッジ66倍相当
平日: 09:05 - 16:25,
   17:05 - 04:40
3EU50Cash欧Stocks1%
レバレッジ100倍相当
平日: 15:05 - 04:55
4FRA40Cash仏カック401%
レバレッジ100倍相当
平日: 15:05 - 04:55
5GER30Cash独DAX301%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:05 - 16:15,
   16:30 - 16:55
6GRE20Cashアテネ2010%
レバレッジ10倍相当
平日: 16:40 - 22:55
7HK50Cash香港ハンセン501.5%
レバレッジ66倍相当
平日: 09:20 - 11:55,
   13:05 - 16:25
   17:20 - 00:55
8IT40CashイタリアFTSE MIB401%
レバレッジ100倍相当
平日: 16:05 - 00:35
9JP225Cash日経2250.5%
レバレッジ200倍相当
平日: 06:05 - 04:15,
   04:30 - 04:55
10NETH25CashオランダAEX251%
レバレッジ100倍相当
平日: 15:05 - 04:55
11POL20Cashワルシャワ202%
レバレッジ50倍相当
平日: 15:50 - 23:45
12SINGCashシンガポールST指数1.5%
レバレッジ66倍相当
平日: 08:35 - 17:05,
   17:45 - 04:40
13SPAIN35CashスペインIBEX351%
レバレッジ100倍相当
平日: 16:05 - 02:55
14SWI20CashスイスSMI201%
レバレッジ100倍相当
平日: 15:05 - 04:55
15UK100Cash英FTSE1001%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:05 - 04:15,
   04:30 - 04:55
16US100Cash米ナスダック1001%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:05 - 04:15,
   04:30 - 04:55
17US30Cash米ダウ301%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:05 - 04:15,
   04:30 - 04:55
18US500Cash米S&P5001%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:05 - 04:15,
   04:30 - 04:55

先物株式指数銘柄

No銘柄名銘柄名(訳必要証拠金率取引時間(日本時間)
1CHI50中国A株501.5%
レバレッジ66倍相当
平日: 09:05 - 16:25,
   17:05 - 04:40
2EU50欧Stocks1%
レバレッジ100倍相当
平日: 15:05 - 04:55
3FRA40仏カック401%
レバレッジ100倍相当
平日: 15:05 - 04:55
4GER30独DAX301%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:05 - 16:10,
   04:30 - 04:55
5JP225日経2250.5%
レバレッジ200倍相当
平日: 06:05 - 16:10,
   04:30 - 04:55
6SINGシンガポールST指数1.5%
レバレッジ66倍相当
平日: 08:35 - 17:05,
   17:45 - 04:40
7SWI20スイスSMI201%
レバレッジ100倍相当
平日: 15:05 - 04:55
8UK100英FTSE1001%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:05 - 04:55,
   04:30 - 04:55
9US100米ナスダック1001%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:05 - 04:55,
   04:30 - 04:55
10US30米ダウ301%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:05 - 04:55,
   04:30 - 04:55
11US500米S&P5001%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:05 - 04:55,
   04:30 - 04:55
12USDX米ドル指数1%
レバレッジ100倍相当
平日: 06:05 - 04:55,
   04:30 - 04:55

エネルギー

ブレントオイルやロンドン軽油、原油、天然ガスのエネルギーを取引できます。

世界の経済成長に期待が大きくなるとエネルギー需要も増加し、エネルギー価格は上昇する傾向にあります。

また、天候や原油・ガス生産国の情勢により価格が大きく変動します。近年では、情勢不安により2014年から2016年の2年の間に、原油は約40%も下落しました。

No銘柄名銘柄名(訳必要証拠金率取引時間(日本時間)
1BRENTBRENT原油1.5%
レバレッジ66倍相当
平日: 08:05 - 04:10
2GSOILLondonガス3%
レバレッジ33倍相当
平日: 09:05 - 05:10
3NGAS天然ガス3%
レバレッジ33倍相当
平日: 06:05 - 04:10
4OILWTI原油1.5%
レバレッジ66倍相当
平日: 06:05 - 04:10
5OILMnWTI原油ミニ1.5%
レバレッジ66倍相当
平日: 06:05 - 04:10

貴金属

金(ゴールド)、銀(シルバー)、白金(プラチナ)の3種類の貴金属が取引できます。

投資家の間では主に金(ゴールド)取引が人気です。米ドルの動向の要因によりリスク回避として金が買われる傾向があります。

No銘柄名銘柄名(訳最大レバレッジ取引時間(日本時間)
1GOLD888倍月曜日~木曜日: 07:05 - 05:55
金曜日: 07:05 - 05:50
2SILVER888倍
3PALLパラジウム22倍相当
必要証拠金率 4.5%
平日: 06:05 - 4:55
4PLATプラチナ22倍相当
必要証拠金率 4.5%

夏時間は上記表示から -1時間です。

取引時間は、XM TradingサーバータイムのGMT+2(夏時間はGMT+3)から、見やすいように当サイトで日本時間に変換して掲載しています。

CFD 取引できない原因と解決策

CFD取引において、注文しようとしたところ、「注文画面が表示されない、注文ボタンが押せない、CFD銘柄のチャートが動かない、銘柄が表示されずチャートが表示できない」といった問題は、主に下記の4つが原因です。

CFD 取引できない原因
  1. 気配値表示枠から「すべて表示」操作をしていない
  2. CFD銘柄の取引時間外
  3. CFDの限月が過ぎている
  4. マイクロ口座とスタンダード口座専用の銘柄で取引していない
  5. 最低注文ロット数に小数点以下が入っている

気配値表示枠から「すべて表示」操作をしていない

MT4/MT5画面左上の気配値表示枠で右クリック → すべて表示をクリックすることで全ての銘柄を表示することができます

MT4 すべて表示

CFD銘柄の取引時間外

CFD銘柄は、通貨ペア取引のFXとは異なり、1日の中で取引時間が決められています。

各CFD銘柄ごとに取引時間が異なるので、XM公式サイトの「コモディティ(商品)」「株式指数」「貴金属」「エネルギー」のタブの「取引時間」から確認してから取引するようにします。

CFDの限月が過ぎている

CFD銘柄の先物取引は、限月という取引できる期限があります。

CFD銘柄により1ヶ月間や3ヶ月間ごとに、限月の切り替えがあるので、古い限月のチャートを表示している場合は、チャートは動きませんし、そのチャートから取引することができません。

新しい限月のチャートを表示し直すことで、取引できるようになります。

マイクロ口座とスタンダード口座専用の銘柄で取引していない

XMは、XM Zero口座以外のマイクロ口座とスタンダード口座でCFD取引ができますが、貴金属CFDは各口座タイプ専用の銘柄を選択しなければ取引できません。

XM マイクロ口座の場合は、「Spot Metals Mic」フォルダの中の「GOLDmicro」や「SILVERmicro」を選ぶことで取引できるようになります。

CFD 貴金属

最低注文ロット数に小数点以下が入っている

CFD銘柄は、最低1ロット単位で注文が可能です。

0.5ロットや1.3ロットなど小数点以下が入っていると注文ボタンが押せません。1ロットや5ロットなど1ロット単位で数量に入力することで、注文ボタンが押せるようになります。

MT4やMT5は、過去の注文数量を記憶しています。

例えば、数量に5を入力して注文したことがある場合、次回も自動的に数量に5が入力されている状態になります。

CFD取引からFX取引に切り替えて注文するときは、必ず数量に間違いがないか確認してから取引しないと、誤って大きなロット数で発注してしまうことになりかねないので注意しましょう。