MT4/MT5 画面の見方

MT4/MT5の画面は、「メニュー・気配値表示・ナビゲーター・ターミナル・チャート」の5つのフレームに分けられます。

メニュー枠は、ログインやチャート時間足の変更などの操作が可能で、気配値表示枠は、各銘柄の気配値が表示されています。ナビゲーター枠は、ログインしたことのある口座やインジケーターリストなどが表示され、ターミナルは、口座残高や取引ポジションなどを確認できます。

MT4 画面

MT4 / MT5は、高機能取引ツールであるがゆえ、項目が多く一見難しそうに感じますが、必要最低限の機能だけ覚えておけば十分なので操作は簡単です。

MT4とMT5は、異なるプログラムで開発されているので互換性はありませんが、MT5はMT4の次世代版ということで、見た目の表示や機能などはほぼ同じです。

インジケーターやEAを使う際は、それぞれMT4・MT5専用のプログラムを使う必要があります。

1. メニューバー

MT4 メニュー

画面上の「ファイル~ヘルプ」のテキストとその下の様々なマークがメニュー枠です。画面左上にある「ファイル」は、新規チャート追加や別の口座にログインするときに使用します。

尚、新規チャートの表示は、「+アイコン」をクリックし、お好みの通貨ペアを選んでもチャート表示ができます。

MT4チャート追加

「M1~MN」でチャートの時間足を変更、虫眼鏡アイコンの+-でチャートの拡大縮小もできます。例えば、「M1は1分足、H4は4時間足、MNは月足」です。

MT4 メニュー

2. 気配値表示

MT4 気配値表示

MT4画面の左側にある気配値表示枠には、FXの通貨ペアやCFD銘柄が表示されています。

初期の状態では、通貨ペアの一部しか表示されていませんが、気配値表示枠内(どこでもOK)で右クリック→「すべて表示」をクリックすることで全通貨が表示されるようになります。

MT4 銘柄すべて表示

尚、気配値表示枠の銘柄名をダブルクリックすることで取引画面を表示させる事もできます。

取引画面を表示させる方法は複数ありますが、通貨ペアのチャートの上で右クリックして取引画面を表示させるのが一般的です。

MT4 取引画面

3. ナビゲーター

MT4 ナビゲーター

MT4のナビゲーター枠の中には、「口座」「インディケータ」「エキスパートアドバイザ」「スクリプト」と4つの大項目が表示されています。

口座

口座の項目には、今までログインしたことのある口座一覧が表示されています。口座IDをダブルクリックすることで、すぐに対象口座へログインし直し、口座を簡単に切り替えることができます。

インディケータ

インディケータ(インジケーター)とは、チャートで様々な分析を可能とする指標ツールです。

XM のMT4は、既に50種類程のインディケータが最初から入っています。インディケーターをご希望のチャートへドラッグ・アンド・ドロップすることで、チャートへインジケーターを適用させることができます。

エキスパートアドバイザ

略してEAと言われ、自動売買プログラムを起動することができます。

MT4は標準で自動売買機能もついています。自動売買を開始するには、運用成績の良いお好みのEAを購入するなどしてMT4に適用させます。

スクリプト

エクスパートアドバイザ(EA)が自動的に動くのに対し、スクリプトは一度だけプログラムを実行させる事ができます。基本的にはあまり使用しないプログラムです。

例えば、すべての注文を一括決済・取り消し、すべてのオブジェクトを一括削除、過去の為替レートデータをCSVで一括取得などのプログラムを別にインストールすることで可能になります。

4. ターミナル

MT4 ターミナル

MT4の一番下に表示される「取引」タブは、口座残高や取引している約定済みのポジション、未約定の注文一覧などを表示します。

その他にも「口座履歴」タブでは、今まで取引した履歴一覧を表示することもできます。一般的には、確定申告の際に1年分の取引履歴を出力する為に利用します。

5. チャート

MT4 チャート

MT4の画面のほとんどの割合を占めるのがチャート画面枠。お好みの通貨ペアチャートを表示してテクニカル分析や直接取引を行うこともできます。

チャートは複数表示可能です。1つだけの通貨ペアチャートも表示できますが、4つ~6つのチャートを同時表示させると他の通貨ペアの値動きも確認できるので便利です。それ以上の表示になると画面が見辛くなってしまいます。