XM Tradingの資金振替とは、自分の所有する複数の口座間で資金を移動させることを言います。

XM Tradingは一人最大で8口座まで所有できますので、所有する口座間同士で資金を自由に移動させることが可能です。

尚、口座の基本通貨が「円」と「米ドル」など異なる通貨でも0.3%の手数料が発生しますが資金振替ができます。(同一通貨であれば手数料無料です)

別の口座へ資金振替する方法

XM Trading会員ページの「資金振替」リンクをクリックして、「口座間の資金移動」ページを開きます。

(スマートフォン画面の場合は、画面左上の「三本線アイコン」をタッチ→「資金振替」をタッチします。)

XM資金振替画面

次矢印

「入金口座ID」から資金移動先の口座IDを選択し、「入金額」のフォームに資金移動したい金額を入力します。

(複数口座を所有している場合、自動的に複数口座IDを選べるようになっています。)

関連記事 XM Tradingのリアル口座が休眠・凍結になる基準と対処法

XM資金振替画面

次矢印

以上の簡単な操作で、口座間の資金振替(内部送金)が完了します。資金移動にかかる時間は、ほぼリアルタイムで資金が移動されます。

XM資金振替画面

口座間の資金振替を行うと、獲得済みのボーナスも資金量に合わせて移動されます。

(獲得済みボーナスとは、新規口座開設ボーナスや入金ボーナス、換金済みのXMPです。)

XM 口座間資金振替の注意点

XM Tradingは、複数口座間で簡単に資金振替可能ですが、条件によっては資金振替不可の時もあります。

資金振替先の口座は、同一名義で有効化済みに限る

資金振替先で選択できる口座は、振替元と同一名義・同一メールアドレスで登録され、有効化済みになっている必要があります。

他人名義の口座や、同一名義でも口座有効化されていない口座へは資金振替はできません。

資金振替時に取引中のポジションがある場合

取引中のポジションがある場合でも資金振替は可能ですが、証拠金維持率が150%を下回る場合は振替(内部送金)できません。

また、為替変動により強制ロスカットになってしまうリスクもあるので、全てのポジションを決済(手仕舞い)してから資金振替することをお勧めします。

口座基本通貨が異なる場合

A口座が日本円、B口座が米ドルのように異なる口座基本通貨でも資金振替が可能です。

異なる基本通貨の口座間送金の場合は、送金時のECBレートに基づいた両替レートで、手数料0.3%が自動的に引き落とされます。(同一の基本通貨同士の資金振替は、手数料はかかりません)

ボーナスは資金と合わせて移動

獲得済みのボーナスがある時に資金振替を行うと、資金額に応じたボーナスも合わせて移動されます。

ただし、移動先の口座がボーナス対象外の場合(XM Zero口座など)は、ボーナスが消失してしまうので注意しましょう。

ボーナスのみを移動させることは不可

資金振替が可能なのは、残高の現金のみです。ボーナスだけを移動させることはできません。

以上、XM Tradingの資金振替方法と資金振替時の注意点をご紹介しました。

XM Tradingの資金振替は、「A口座で取引した利益をB口座へ移動して、B口座で利益分だけで取引する」など、お好みに応じて様々な使い方が可能です。

関連記事 XM Tradingで3つの口座を利用してお得にFX取引する方法