トレンドラインとは、チャートに表示された価格の高値と高値同士、安値と安値同士を結んで引いた斜線です。

下落傾向であれば高値同士を線で結び、上昇傾向であれば安値同士を線で結びます。

トレンドラインを引くことで、現在の相場トレンドや転換のポイント、反発や反落から売買の判断がつきやすくなります。

関連記事 トレンドラインを利用した取引方法

トレンドラインの表示方法

MT4(又はMT5)からトレンドラインを表示したいチャートを選択し、画面上の「/(斜線)アイコン」をクリックします。

トレンドライン

次矢印

価格が上昇傾向であれば、マウスの左クリックを押しながらローソク足の安値と安値を結んで線を引きます。この線は、上昇トレンドラインとなります。

上昇トレンドライン

価格が下落傾向であれば、マウスの左クリックを押しながらローソク足の高値と高値を結んで線を引きます。この線は、下落(下降)トレンドラインとなります。

下落トレンドライン

トレンドラインの始点でマウスの左クリックを押し続け、終点で左クリックを離すと線を引くことができます。

  • 上昇トレンド: ローソク足の安値と安値を結んだ線が右肩上がりになる

  • 下落トレンド: ローソク足の高値と高値を結んだ線が右肩下がりになる

引いたトレンドラインは、マウスでダブルクリックすることでトレンドラインを移動することやプロパティ画面で色や線の太さなどの変更が可能です。

トレンドラインの正しい引き方

ヒゲからではなく始値/終値を起点に線を引く

トレンドラインは、ローソク足のヒゲ(最高値・最安値)を起点に引くのではなく、始値や終値を起点に線を引きます。「ヒゲ(最高値/最安値)」と「始値/終値」では、下記チャート例のように線の位置が大きく異なってしまう為です。

トレンドラインの引き方

始値/終値の起点が見づらい場合は、チャートの表示方法をローソク足から「ラインチャート」へ変更すると見やすくなり、簡単にトレンドラインを引くことができます。

トレンドラインの引き方

斜めのNの形になっていればより正しいトレンドライン

下記チャート例のように、価格の動きが斜めの「N」の形になっていれば、より正しいトレンドラインが引けている証となります。

トレンドラインの正しい引き方例

大きいNは、ボラティリティが高く、小さいNは、ボラティリティが低いことを表しています。

同じような大きさのNの字が連続して続き綺麗な形になるほど、トレンドラインで反発や反落する確率が高くなります。

関連記事 トレンドラインを利用した取引方法