XMとXM Tradingの違い – XMグループ

XMとXMTradingの違い

「XM(エックスエム)」と「XM Trading(エックスエム トレーディング)」は、どちらもXMグループが提供している、FX取引における商標(ブランド名)です。

よく「XM」が会社名と勘違いされやすいですが、XMは商標(ブランド名)であって会社名ではありません。

XMもXM Tradingも同じXMグループでサービス内容にはほぼ変わりはありません。しかし、取得している各国の金融ライセンスが異なり、日本語サポートを提供しているのはXM Trading(Tradexfin Limited)のみとなっています。

「XM」と「XM Trading」の違いについて更に詳しくご紹介します。

XMとXM Tradingの比較表

 XM
(エックスエム)
XM Trading
(エックスエム トレーディング)
運営会社Trading Point Holdings Ltd(本社) ※1Tradexfin Limited
所在地Richard & Verengaria Street, Araouzos Castle Court, 3rd Floor,3042 Limassol, CyprusF20, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
ライセンスCySec(キプロス証券取引委員会):120/10 ※2
FSA(セーシェル金融庁): SD010
サポートsupport@xm.comsupport@xmtrading.com
口座開設ボーナスなしあり(日本語版に限り30ドルボーナス)
入金ボーナスなしあり(入金額に応じて最大5,000ドル)
取引ボーナスあり(取引量に応じて最大5,000ドル)なし
日本語サポートなしあり
最大レバレッジ888倍888倍
取扱銘柄FX57通貨ペア、CFD33銘柄、貴金属4銘柄FX57通貨ペア、CFD33銘柄、貴金属4銘柄
  • ※1. XMグループのホールディングスカンパニー
  • ※2. ホールディングスカンパニーにおけるライセンス

「XM」と「XM Trading」では、同じXMグループでも運営会社が異なり、それぞれ取得している金融ライセンスも異なります。それぞれの運営会社が各国のライセンスを保有することで、各国言語に対したサービスを柔軟に対応することができます。

口座開設ボーナスや入金ボーナスは、日本語表示のXM Tradingのウェブサイト(https://www.xmtrading.com/jp/)に限定して提供されています。

その他の言語では、口座開設ボーナスや入金ボーナスはありませんが、取引量に応じてもらえるボーナス制度があります。

尚、XMP(XMポイント)に関しては、XMでもXM Tradingでも全ての言語で提供されています。

日本語サポートや日本語表示のサイトは、Tradexfin Limitedが提供するXM Tradingのみ利用できます。

XMグループの企業一覧とライセンス

会社名所在国ライセンス
Τrading Point Holdings Ltdキプロス持株会社
IFSC, FCA, CySec, ASIC
Τrading Point of Financial Instruments UK ltdイギリス英国金融行動監視機構(FCA)
ライセンス番号: 705428
Trading Point of Financial Instruments Pty Ltdオーストラリアオーストラリア証券投資委員会(ASIC)
ライセンス番号: 443670
Tradexfin Limitedセーシェルセーシェル 金融庁(FSA)
ライセンス番号: SD010
XM Global Limitedベリーズベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
ライセンス番号: IFSC/60/354/TS/17
Trading Point of Financial Instruments Ltdキプロスキプロス証券取引委員会(CySec)
ライセンス番号:120/10

英国金融行動監視機構(FCA)
ライセンス番号: 538324

金融商品市場指令(MiFID)対応

上記XMグループの内「Tradexfin Limited」が、XM Tradingを提供しています。

当サイトで紹介している内容もXM Tradingの使い方のものです。

尚、最大レバレッジ888倍の提供やボーナスの提供ができなくなる為、日本金融庁(JFSA)のライセンスは保持していませんので、日本居住者を対象にした勧誘業務はしていません。

入出金の明細表記について

XM Tradingを利用したクレジットカード入出金では、「ご利用店名」に「XMTRADING.COM」と表記されます。(2017年12月時点)

また、銀行出金では「TPS Management Limited」又は「Tradexfin Limited」と取引明細に記載されます。

XM Tradingからの100万円以上の銀行出金では、着金時に銀行から入金理由確認の電話連絡が来るときがあります。

その際は、『為替取引による利益』と回答すれば問題ありません。

確定申告時の名称と場所について

XM Tradingを利用して1年間で集計して利益が出た場合は、確定申告が必要です。

確定申告の所得欄(雑所得)には、どこから所得があったのか名称と場所(住所)を記載する必要があります。

XM Tradingからの所得は、下記のように記載します。

確定申告で雑所得記入欄
  • 名称:Tradexfin Limited
  • 場所:F20, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles

口座開設代行業者はXM Trading公式ではない

XM Trading公式サイトにデザインを似せた代行業者もありますが、XM Trading(Tradexfin Limited)が運営しているものではありません。

代行業者は、独自の口座開設フォームに個人情報を入力し、お客様の変わりにXM Tradingの口座開設をするサービスなどを提供しています。

下記の画像は、XM Trading公式サイト(https://www.xmtrading.com/jp)の口座開設フォームです。このフォームとは違うフォームに入力するタイプは、代行業者となりますのでご注意ください。

XM口座開設フォーム

XM Tradingは、既に全てが日本語化されており、代行業者を通す必要なくスムーズに口座開設ができます。

代行業者を間に挟むことにより、不要な個人情報流出のリスクを伴うので、当サイトでは代行業者を通すやり方はおすすめしていません。

XM Trading公式サイト