XM TradingのMT4ウェブトレーダーの基本的な使い方

XM ウェブMT4

海外FXのXM Tradingでは、Web版(ブラウザ型)のMT4(MT4 Web Trader)が利用できます。

MT4ウェブトレーダーは、パソコンにMT4ソフトウェアをインストールしなくてもWebブラウザ上で動作する取引ツールです。インストール型のMT4と同じような取引が出来ます。

また、Windows以外のMacでもウェブブラウザで動作するので、文字化けせずに取引ができるのも魅力です。

MT4ウェブ版 ログインまでの流れ

手順1. XM公式サイトからMT4ウェブ版へログイン

まずは、XM Trading公式サイトのメニュー「プラットフォーム」→「MT4ウェブトレーダー」をクリックします。

XM ウェブMT4

「MT4ウェブトレーダーへアクセス」をクリックします。

XM ウェブMT4へアクセス

手順2. ログイン情報を入力

MT4同様にログイン情報を入力します。

サーバー名は、口座開設手続きで登録したメールアドレス宛に届きます。指定されているサーバー名を選択します。

XM ウェブMT4 ログイン

以上の簡単な操作で、MT4ウェブトレーダーにログイン出来ます。後は、MT4同様に取引が可能です。

MT4ウェブトレーダーを日本語にする方法

初期設定の状態は英語表記になっているので、見やすいように日本語表記にします。

日本語表記の設定は、「View」→「Language」→「Japanese」と進みます。

XM ウェブMT4 言語変更

後は、「Restart」ボタンを押し、MT4ウェブトレーダーを再起動するだけで表示言語が変換できます。

MT4ウェブトレーダーのチャート画面を複数表示する方法

手順1. MT4 Web Traderへアクセス

まずは、通常どおりMT4 Web Traderにアクセスしログインします。

XM ウェブMT4

手順2. 新しいブラウザタブでMT4 Web Traderを開く

新しいブラウザタブを開き、新しいタブでもMT4 Web Traderにアクセスします。

XM ウェブMT4

MT4 Web TraderのURLをコピー&ペースト(貼り付け)するか、http://mt4.xmtrading.com/にアクセスすることでログインされた状態でMT4 Web Traderが開きます。

少し強引なやり方ですが、開きたいチャートの数だけパソコン画面で表示できる範囲内で、新しいタブでMT4 Web Traderを複数回開きます。

XM ウェブMT4

手順3. タブをドラッグして画面幅を調整

タブをドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま動かす)して、ブラウザを別画面にします。

XM ウェブMT4別画面

画面のサイズをマウスで動かしながら微調整していきます。

XM ウェブMT4 画面サイズ調整

以上で、MT4ウェブトレーダーのチャート画面を同時に複数表示することが出来ます。

XM ウェブMT4 複数画面