フィボナッチ・リトレースメント(Fibonacci Retracement)とは、上昇相場の押し目や下降相場の戻り売りを判断するためのテクニカル分析です。

フィボナッチとは、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチにちなんで名付けられた整数で、リトレースメントとは、「引き返す、後戻りする」という意味です。つまりフィボナッチ整数を応用して、相場の引き返しや後戻りを分析する手法です。

この記事では、フィボナッチ・リトレースメントを使った取引方法について図解入りでご紹介しています。

関連記事 MT4/MT5のチャートにフィボナッチ・リトレースメントを表示する方法と引き方

フィボナッチ比率で売買の判断をする

フィボナッチ比率は、標準で「0%、23.6%、38.2%、50%、61.8%、100%、161.8%、261.8%、423.6%」が設定されています。これらのフィボナッチ比率は、フィボナッチの理論により既に決められた比率です。

フィボナッチ・リトレースメントの理論では、相場において「38.2%、50%、61.8%」の水準が戻り目標値とされています。

  • 38.2%まで価格が戻り反発/反落した場合: トレンドが強い

  • 50%又は61.8%まで価格が戻った場合: トレンドが弱い

  • 61.8%以上価格が戻った場合: トレンドの起点まで戻る可能性が高い

上昇トレンドにおけるフィボナッチ・リトレースメントの使い方

戻り目標水準とされる「38.2%、50%、61.8%」で、上昇トレンド中の押し目買いの地点を判断します。

フィボナッチ

上記チャートからは、フィボナッチの終点からどれくらいまで価格が下がるのかを判断した場合、「38.2%、50%、61.8%」の水準まで価格が下がり再び上昇していることが分かります。

上昇トレンドの場合、これらの「38.2%、50%、61.8%」を目安に買い注文をすることで利益を狙いやすくなります。

また、61.8%以上価格が戻った場合は、トレンドの起点まで価格が戻る可能性が高いため、売り注文をする取引が可能です。

下降トレンドにおけるフィボナッチ・リトレースメントの使い方

戻り目標水準とされる「38.2%、50%、61.8%」で、下降トレンド中の戻り売りの地点を判断します。

フィボナッチ

上記チャートからは、フィボナッチの終点からどれくらいまで価格が上がるのかを判断した場合、「38.2%、50%、61.8%」の水準まで価格が上がり再び下落していることが分かります。

下降トレンドの場合、これらの「38.2%、50%、61.8%」を目安に売り注文をすることで利益を狙いやすくなります。

また、61.8%以上価格が戻った場合は、トレンドの起点まで価格が戻る可能性が高いため、買い注文をする取引が可能です。

フィボナッチ・リトレースメントを利用した取引方法まとめ

  • 押し目や戻り売りを判断するテクニカル分析
  • 38.2%、50%、61.8%の水準が戻り目標値
  • 38.2%、50%、61.8%からの順張り取引
  • 38.2%で価格がとどまっている場合はトレンドが強い
  • 50%又は61.8%まで価格が戻る場合はトレンドが弱い
  • 61.8%以上価格が戻った場合はトレンド起点まで価格が戻る可能性

以上、フィボナッチ・リトレースメントの使った取引方法をご紹介しました。

フィボナッチ・リトレースメントは、相場のトレンドを判断してからの順張り取引となるので、まずはトレンドライン移動平均線を表示してトレンドを判断するところから分析します。

また、他のインジケーターと組み合わせて総合的に判断することが推奨されます。

関連記事 MT4/MT5のチャートにフィボナッチ・リトレースメントを表示する方法と引き方

関連記事 FX取引の買い時と売り時のタイミング