移動平均線とは、一定期間の終値の平均値をグラフにしたテクニカル指標です。

4種類の移動平均線がありますが、「単純移動平均線(MA)」と「指数平滑移動平均線(EMA)」の2種類が主に利用されています。

移動平均線をチャートに表示することで、トレンドや売買の判断がつきやすくなります。

関連記事 移動平均線を利用した取引方法

移動平均線の表示方法

MT4(又はMT5)画面左側の「ナビゲーター」枠から「インディケータ」→「トレンド」→「Moving Average」を選択し、適用させたいチャートにドラッグ・アンド・ドロップ(左クリックを押しながら移動して左クリックを離す操作)します。

MT4へ移動平均線表示

次矢印

Moving Average(移動平均線)の設定画面が表示されるので、「期間」「移動平均線の種別」「スタイル」の3箇所をご希望のものに変更して「OK」ボタンを押します。

移動平均線の設定画面

  • 期間: 5、7、10、14、25、75、100など

  • 移動平均線の種別: Simple(単純移動平均線)、 Exponential(指数平滑移動平均線)

  • スタイル: ご希望の色や線の表示方法

指数平滑移動平均線は、直近の価格に比重を置いた移動平均線で、相場の動きに早く反応します。その分「ダマシ」も多くなりますが、値動きの激しいFX取引においては単純移動平均線よりも指数平滑移動平均線が使われる傾向があります。

次矢印

以上の簡単な操作を繰り返すことで、チャートに複数の移動平均線を表示することができます。

移動平均線

移動平均線は一つだけではなく、期間の設定をそれぞれ変更して「短期・中期・長期」と3つの移動平均線を表示するのが一般的です。

尚、移動平均線を削除したい場合は、チャートの上で右クリック → 「表示中のインディケータ」をクリック → 「Moving Average」を選択 → 削除ボタンをクリックすると削除できます。

移動平均線の削除方法

移動平均線の期間

移動平均線の期間は、自由に変更することができますが、主に利用されているのは「20・25・50・75・100・200」などのキリが良い数値です。

  • 短期移動平均線: 5、7、10、14、25など

  • 中期移動平均線: 50、75など

  • 長期移動平均線: 100、200など

表示しているチャートの時間足によっても、期間の数値の意味が異なるため、時間足毎に期間を変更した方が適切です。

時間足移動平均線の期間設定の目安
15分足4、8、12、16、20、24、48、64、96など
1時間足4、8、12、24、36、48、72、96、120など
4時間足2、4、6、12、24、60、120、240など
日足5日、10日、20日、22日、25日、50日、75日、100日、200日など
週足13週、26週、52週など
月足12ヶ月、24ヶ月、60ヶ月など

期間について詳しくは、下記リンク先の記事「移動平均線を利用した取引方法」でご紹介しています。

関連記事 移動平均線を利用した取引方法