MT4 指定した時間に最大6つの異なる垂直線を引ける「Vertical Time Lines」の利用方法

指定した時間に最大6つの垂直線を引けるインジケーター「Vertical Time Lines」は、市場のオープンやクローズ、為替レートが動きやすいニューヨーク為替市場の時間などに合わせて自動で垂直線を引けるので、特定の時間帯が視覚化され、取引しやすくなります。

「Vertical Time Lines」のダウンロード

下記のMQL5公式サイトから、「Vertical Time Lines」をダウンロードします。

URL先の「vertical_time_lines.mq4」をクリックします。

https://www.mql5.com/ja/code/12266

MQL5公式サイト

mq4ファイルがダウンロードされます。

MQL5公式サイト

「Vertical Time Lines」をMT4のフォルダに移動する

MT4を起動し、画面上の「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

MT4 データフォルダ

フォルダが開いたら「MQL4」→「Indicators」のフォルダを開きます。

先程ダウンロードした「vertical_time_lines.mq4」ファイルをスライドして「Indicators」フォルダへ移動します。

MT4 データフォルダ

MT4を再起動しvertical_time_linesを適用

新しくMT4インジケータを挿入した際は、インジケータを表示させる為に必ずMT4を再起動する必要があります。

MT4再起動後、MT4画面左枠の「ナビゲーター」→「インディケータ」→「vertical_time_lines」を選択し、適用したいチャートにドラッグ&ドロップします。

MT4 インジケーター適用

尚、画面上メニューから「挿入」→「縦線分析ツール」→「カスタム」→「vertical_time_lines」を選択しても同じく適用されます。

vertical_time_linesの設定

パラメーターの入力タブから表示の設定をします。

多くのパラメーターが並んでいますが、基本的に設定方法は、各ライン2箇所のみと簡単です。

vertical_time_lines設定

vertical_time_linesのプロパティ設定項目
  • Visible: true→表示 / false→非表示
  • Time: 垂直線を引きたい時間の指定

「Line 1 Visible」を「true」にすることで垂直線1が表示されます。

その下の「Line 1 Time」を指定することで、その時間に垂直線が表示されます。

その他、色や垂直線のスタイルも変更可能です。

表示時間はGMT+2(夏時間はGMT+3)

XM Tradingのサーバーは、GMT+2(夏時間はGMT+3)の時刻で表示されており、日本と7時間の時差(夏時間は6時間)があります。(日本はGMT+9)

例えば、NY為替市場が始まる日本時間の23時(夏時間は22時)に垂直線を引きたい場合は、vertical time linesをサーバー時刻の16時(夏時間は15時)に設定します。

表示完了

上記で設定した時間に垂直線が表示されます。

標準設定では2つのみ垂直線が表示されるようになっていますが、Visibleをtrueに設定することで最大6つまで垂直線を引くことが出来ます。

vertical_time_lines

日本時間表示のインジケータと組み合わせ可能

日本時間を追加表示させるインジケータ「JPN_Time_SubZero.mq4」と組み合わせることも可能です。

vertical_time_lines

vertical_time_linesインジケータの削除方法

インジケータの削除は、チャート上を右クリック→「表示中のインディケータ」→「vertical_time_lines」を選択→「削除」ボタンをクリックするだけです。

vertical_time_lines削除

vertical_time_lines削除画面