MT4 チャートを重ねて表示「OverLay Chart」使い方

MT4のチャートに他の通貨ペアやCFD銘柄のチャートを重ねて表示できるインジケータ「OverLay Chart.mq4」は、同じような値動きをする対象ペアを確認できます。

ただし、チャート枠におさまるように値幅を自動調整して表示されるので、視覚的に相関性が高そうに見えても、実際には相関が乖離していることもあるので、相関取引で利用する際は注意しましょう。

この記事の内容は、相関取引を推奨している内容ではありません。

「OverLay Chart.mq4」のダウンロード

下記のMQL5公式サイトから「OverLay Chart」ダウンロードページを開き、「OverLay Chart.mq4」をクリックしてファイルをダウンロードします。

MQL5公式サイト

下記のように、mq4ファイルがダウンロードされます。

OverLay Chartファイル

OverLay Chart.mq4ファイルをデータフォルダに移動する

MT4を起動し、画面上の「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

MT4 データフォルダ

フォルダが開いたら「MQL4」→「Indicators」のフォルダを開きます。

先程ダウンロードした「OverLay Chart.mq4」ファイルをスライドして「Indicators」フォルダへ移動します。

MT4 データフォルダ

MT4を再起動しOverLay Chartを適用

新しくMT4インジケータを挿入した際は、インジケータを表示させる為に必ずMT4を再起動する必要があります。

MT4再起動後、MT4画面左枠の「ナビゲーター」→「インディケータ」→「OverLay Chart」を選択し、適用したいチャートにドラッグ&ドロップします。

OverLay Chart チャート適用

尚、画面上部メニューから「挿入」→「縦線分析ツール」→「カスタム」→「OverLay Chart」を選択しても同じく適用できます。

MT4にチャートを2つ重ねるOverLay Chartの設定

「パラメーターの入力」タブから重ねたいもう一つの通貨ペアかCFD銘柄名を設定します。

設定箇所は、基本的には「SubSymbol」と「GridColor」2箇所のみです。

OverLay Chart 設定画面

OverLay Chart 設定項目
  • SubSymbol: 重ねたい通貨ペアを入力(入力例: GBPUSD)
  • GridColor: グリッドの色を選択(選択例: Pink)

「SubSymbol」は、XMTradingのMT4で表示されている通貨ペアや銘柄名と全く同じに入力する必要があります。例えば、「GBP/USD」と「/」を入れて入力するのではなく、MT4の表示通りに「GBPUSD」と入力しなければなりません。

ちなみに、重ねるチャートはどれでも大丈夫ですが、相関係数の高い通貨ペアを表示した方が参考になります

相関係数は常に一定ではなく、相場の状況により大きく異なりますので、裁定取引のような取引をする際は、相関係数が崩れた際のリスクが大きくなります。

表示完了

上記の簡単なステップで、MT4に他の通貨ペアを重ねてチャートをリアルタイムに表示出来ます。

OverLay Chart チャート

インジケータの削除方法

表示したインジケータをチャートから削除する方法は、チャート上を右クリック→「表示中のインディケータ」→「削除したいインジケータ」を選択→「削除」ボタンをクリックするだけです。

この記事の内容は、相関取引を推奨している内容ではありません。