エンベロープ(Envelopes)とは、移動平均線から上下に一定に乖離させた線です。

エンベロープをチャートに表示することで、移動平均線から価格がどの程度離れて反発や反落を繰り返すのかを判断できるようになります。

関連記事 エンベロープを利用した取引方法

エンベロープの表示方法

MT4(又はMT5)画面左側の「ナビゲーター」枠から「インディケータ」→「オシレーター」→「Envelopes」を選択し、適用させたいチャートにドラッグ・アンド・ドロップ(左クリックを押しながら移動して左クリックを離す操作)します。

エンベロープ表示方法

次矢印

エンベロープの設定画面が表示されるので、「期間」「移動平均線の種別」「偏差」の3つをご希望の数値などへ変更します。

エンベロープの設定画面

  • 期間: 5、7、10、14、25、75、100など

  • 移動平均線の種別: Simple(単純)又は Exponential(指数)

  • 偏差: 価格がエンベロープに接触するように調整

尚、「色の設定」タブから、エンベロープの色を変更することも可能です。

次矢印

以上の操作で、チャートにエンベロープを表示することが完了です。

エンベロープ

尚、エンベロープを削除したい場合は、チャートの上で右クリック → 「表示中のインディケータ」をクリック → 「Envelopes」を選択 → 削除ボタンをクリックすると削除できます。

エンベロープの削除方法

エンベロープの設定について

エンベロープの期間

エンベロープの期間とは、エンベロープの中央に表示される「移動平均線の期間」のことをいいます。つまり「エンベロープの中央線=移動平均線」です。

そのため、普段使用している移動平均線と同じ期間を入力した方が取引がしやすいです。

時間足移動平均線の期間設定の目安
15分足4、8、12、16、20、24、48、64、96など
1時間足4、8、12、24、36、48、72、96、120など
4時間足2、4、6、12、24、60、120、240など
日足5日、10日、20日、22日、25日、50日、75日、100日、200日など
週足13週、26週、52週など
月足12ヶ月、24ヶ月、60ヶ月など

移動平均線の期間について詳しくは、下記のリンク先記事でご紹介しています。

参考記事 移動平均線の期間について

移動平均線の種別

エンベロープは、元となる移動平均線から上下に一定間隔の幅で表示させた線なので、その元となる移動平均線の種別についても設定する必要があります。

株やFX取引では、主に「単純移動平均線(SMA)」と「指数平滑移動平均線(EMA)」の2つが利用されていますが、単純移動平均線よりも直近の価格を重視した指数平滑移動平均の方が、値動きの激しい為替相場では効果的と言われています。

  1. 単純移動平均線(SMA): MT4の表記は「Simple」

  2. 指数平滑移動平均線(EMA): MT4の表記は「Exponential」

  3. 平滑移動平均線(SMMA): MT4の表記は「Smoothed」

  4. 加重移動平均線(WMA): MT4の表記は「LinearWeighted」

関連記事 移動平均線の「種別」と計算式

エンベロープの偏差

エンベロープの偏差とは、指定した期間の移動平均線からどのくらいの乖離率でエンベロープを表示させるかを設定するものです。

偏差の値は、価格のボラティリティによって全く異なるので、表示している時間足によっても入力する数値が変化してきます。

エンベロープの偏差

上記エンベロープを表示したチャート画像は、「1時間足チャート、期間14、種別Exponential、偏差0.25%」の設定です。

価格がエンベロープの上下にちょうど接触して反発や反落する地点で、数値を調整しながら入力設定していきます。

エンベロープは、相場のボラティリティによって偏差の値が異なるので、表示したらそのままずっと使えるというわけではなく、相場の状況によってその都度偏差を変更する必要があります。

関連記事 エンベロープを正しく利用してFX取引する為の3つのポイント

関連記事 エンベロープを利用した取引方法