証拠金維持率のパーセントから実効レバレッジへの換算表

  • 証拠金維持率とは、必要証拠金に対する有効証拠金の残高の割合を言います。
  • 実効レバレッジとは、取引中の運用レバレッジです。

最大レバレッジは、口座資産(証拠金)の最大何倍まで取引ができるかを表しているのに対し、実効レバレッジは実質の運用レバレッジを表しています。

証拠金維持率が高いほどレバレッジのリスクが低くなり、XMTradingでは証拠金維持率が20%を下回るとロスカット(強制損切り決済)となります。

  • 証拠金維持率が100% = 最大レバレッジ

XMTradingで最大レバレッジ1000倍を選択した場合、「証拠金維持率 100% = 実効レバレッジ 1000倍」という意味になります。

証拠金維持率から実効レバレッジへの換算表

証拠金維持率実効レバレッジ
100,000%1倍
50,000%2倍
20,000%5倍
10,000%10倍
5,000%20倍
2,000%50倍
1,333%75倍
1,000%100倍
500%200倍
300%300倍
250%400倍
200%500倍
166%600倍
143%700倍
113%888倍
100%1000倍
50%(マージンコール)2000倍
20%(強制ロスカット)5000倍

*口座のレバレッジ設定が最大1000倍の場合

XMTradingの場合、証拠金維持率が50%になるとマージンコールとなり、20%でロスカットとなります。当然、証拠金維持率100%を下回ると新規注文をすることはできません。

証拠金維持率の計算式

尚、証拠金維持率の計算式は、下記の公式により求めることができます。

(証拠金維持率は自分で計算しなくても、MT4やMT5から自動でリアルタイムで確認することができます。)

[有効証拠金(資産合計 + 評価損益 – 出金依頼金] ÷ [必要証拠金合計] × 100 = [証拠金維持率]

証拠金維持率の計算例

計算条件
  • 有効証拠金10万円
  • ドル円の為替レートが120.00円の時に新規注文
  • XMTrading スタンダード口座で1ロット(10万通貨)の量を取引
  • 最大レバレッジ1000倍

では、上記条件で証拠金維持率の計算式に当てはめていきましょう。

[有効証拠金(資産合計 + 評価損益 – 出金依頼金)] ÷ [必要証拠金合計] × 100 = [証拠金維持率]

[100,000円] ÷ [12,000円(10万通貨 × 120円 ÷ 1000倍)] × 100 = [833.33%]

上記条件では、新規注文時に833.33%の証拠金維持率となります。

833.33%は、実効レバレッジに換算すると120倍となります。(100,000 ÷ 833.33)

実効レバレッジの計算例

では、証拠金維持率の計算例と同じ条件で、実効レバレッジを計算してみましょう。

[ポジション評価額(取引数量×各通貨の現在レート)]÷[有効証拠金(資金合計+評価損益)]=[実効レバレッジ]

(100,000通貨 × 120.00円) ÷ 100,000円 = 120倍

証拠金維持率から実効レバレッジへの換算しても、実効レバレッジ算出の計算でも120倍となります。

証拠金維持率は高いほど実効レバレッジが低くなり、証拠金維持率が低いほど実効レバレッジが高くなります。

証拠金維持率が100%(実効レバレッジ1000倍)に近いと、為替レートが数pips損失方向へ変動しただけでロスカットになってしまうリスクが高くなります。

そのため、最大レバレッジは1000倍とし、証拠金維持率は500%(実効レバレッジ200倍)以下にした方がリスクが抑えられるでしょう。

FX 初心者XMTrading,初心者,証拠金