MT4/MT5 複数同時起動方法

MT4(MetaTrader4)やMT5(MetaTrader5)は、同じFX会社、異なるFX業者問わず、1つのパソコンに複数インストールして、同時に複数起動できます。

MT4やMT5をインストールする際に、インストールフォルダを変更することで、複数起動が可能になります

MT4やMT5を複数同時に起動させることで、異なる口座で同時に取引が可能になります。主に、一つのEAで一つのMT4を起動する必要がある自動売買(EA)で利用します。

この記事では、MT4/MT5を一つのパソコンで複数起動する一番カンタンな方法をご紹介しています。

MT4/MT5の複数同時起動できるのはパソコン版のみです。スマートフォンでは複数同時起動はできません。

MT4/MT5を同時起動する方法

MT4/MT5を同時起動する方法は、以下の2つの方法があります。

どちらの方法でもお好きな方を選んで複数起動ができます。

  1. MT4/MT5をインストールする際に、フォルダの場所を変更してインストールする方法
  2. MT4/MT5フォルダをコピーして複数起動する方法

同時に複数起動する理由

  1. 複数口座を同時に取引したい
  2. 異なるFX会社の口座を同時に取引したい
  3. 自動売買のEAを稼働させたい

MT4やMT5を複数同時起動させる理由としては、主に上記の3点です。

海外FXブローカーのXMは、1人8口座まで所有できるので、複数の口座を同時に取引・管理したい際は、複数同時起動が便利です。

特にMT4でXMマイクロ口座からXMスタンダード口座への切替時などは、一度ログアウトしてから別口座へログインすると時間もロスしてしまい面倒なので活用できます。

また、自動売買取引をする際は、基本的にEAの種類1つにつき1枚のMT4を動かすことになるので、EAの種類分MT4が必要になります。

MT4/MT5をインストールする際に、フォルダの場所を変更してインストールする方法

全体的な流れ
  1. MT4/MT5をダウンロード
  2. 既にインストール済みとは異なるフォルダへインストール
  3. ショートカットの作成

手順1. インストーラーのダウンロード

XM公式サイトからMT4/MT5のインストーラーをダウンロードします。

MT4 ダウンロード

ダウンロードが完了したら「xmtrading4setup.exe」のファイルをクリックして、インストール画面を開きます。

MT4 ダウンロード

手順2. 別のフォルダへインストールする

XMTrading MT4 セットアップ画面が表示されるので「設定」ボタンをクリックします。

MT4 インストール

インストールフォルダとプログラムグループの名称の最後に「 No2」を追加で入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

MT4 インストールフォルダ変更設定

例として分かりやすくNo2を入力しましたが、名称が変更されていれば問題ないので、お好きな名称で大丈夫です。

手順3. ショートカットを作成

手順3は必須ではありません。手順2まででMT4がパソコンにもう一つインストールされているので、複数同時にMT4を起動できます。

新しい名称のMT4のショートカットがデスクトップに作成されていない際は、起動しやすくするためにショートカットを作成した方が便利です。

「C:\Program Files (x86)\XMTrading MT4 No2」フォルダの中の「terminal.exe」を右クリック → ショートカットの作成をクリックしてデスクトップへショートカットを作成します。

ショートカット作成

「C:\Program Files (x86)\XMTrading MT4 No2」は、インストールしたフォルダです。インストールしたフォルダの中に「terminal.exe」があります。

ショートカットの名前が「terminal.exe – ショートカット」になっているので、キーボードのF2を押して「XMTrading MT4 No2」に変更します。名称は自分で分かりやすいように、自由に変更してOKです。

ショートカット名称変更

アイコンをXM MT4のアイコンへ変更できます。

ショートカット上で右クリック → プロパティ → アイコンの変更をクリックします。

アイコン変更画面

アイコン変更画面で「参照」をクリック → XMTradingのMT4フォルダ内の「terminal.ico」を選択 → 「OK」ボタンをクリックします。

アイコン設定画面

プロパティ画面に戻りますので、「適用」ボタン → 「OK」ボタンをクリックすると、先程のアイコンがXMのアイコンへ変更されます。

XM MT4アイコン

以上で、「フォルダの場所を変更してインストールする方法」が完了です。

あとは、既存のMT4と追加インストールしたMT4を起動することで、同時起動できます。以上の操作を繰り返すことで、2つ以上のMT4をインストール、同時起動ができます。

MT4/MT5フォルダをコピーして複数起動する方法

全体的な流れ
  1. MT4/MT5をインストール(既にインストール済みの場合は、この手順は不要)
  2. MT4/MT5インストール済みのフォルダをコピー
  3. コピーフォルダの名称変更
  4. ショートカットの作成

手順1. MT4/MT5をインストール

MT4/MT5がまだパソコンにインストールされていない際は、インストールします。

既にインストール済みの場合は、この手順1はスキップします。

XM MT4セットアップ画面

手順2. MT4/MT5インストール済みのフォルダをコピー

既にMT4/MT5がインストールされたフォルダを同フォルダ内でコピーします。パソコンの環境によっては管理者権限が必要です。

フォルダコピー

「XMTrading MT4」を選択し、キーボード操作でCtrl+C、同フォルダ内でCtrl+Vをするとコピーできます。コピーされたフォルダ名は「XMTrading MT4 – コピー」と表示されます。

手順3. コピーフォルダの名称変更

先程コピーしたフォルダ名を「XMTrading MT4 – コピー」から「XMTrading MT4 No3」に変更します。

分かりやすいようにNo3の名称をつけていますが、名称は自分で自由に変更してOKです。

MT4フォルダ名変更画面

「管理者の権限が必要」と表示された際は、「続行」ボタンを押して変更を許可します。

手順4. ショートカットの作成

「フォルダの場所を変更してインストールする方法」の「ショートカットを作成」と同じようにショートカットをデスクトップへ作成した方が起動が簡単になります。

MT4 ショートカット作成

あとの手順は、前述した「フォルダの場所を変更してインストールする方法」と同じです。

以上で、「MT4/MT5フォルダをコピーして複数起動する方法」が完了です。

あとは、既存のMT4と追加インストールしたMT4を起動することで、同時起動できます。以上の操作を繰り返すことで、2つ以上のMT4をインストール、同時起動ができます。

新しいMT4/MT5へインジケーターをコピーしたい場合

新しく追加したMT4/MT5には、標準のインジケーターのみが含まれています。

もし既存のMT4/MT5使用していたカスタムインジケーターを、新しく追加したMT4/MT5でも使用したい際は、インジケーターフォルダからコピーすることで利用できるようになります

手順1. 既存MT4/MT5のデータフォルダを開く

カスタムインジケーターが含まれるMT4/MT5を起動し、画面上メニューの「ファイル」 → 「データフォルダを開く」をクリックします。

MT4データフォルダ

手順2. インジケーターフォルダをコピー

MT4のデータや設定が格納されているフォルダへアクセスされるので、「MQL4」 → 「Indicators」の順に開いていきます。

「Indicators」フォルダの中のファイルをキーボードのCtrl+Aで全選択し、Ctrl+Cでコピーします。

ファイルコピー

手順3. 新しいMT4/MT5のデータフォルダへ貼り付け

新しく追加したMT4/MT5を起動し、画面上メニューの「ファイル」 → 「データフォルダを開く」をクリックします。

手順2と同じように「MQL4」 → 「Indicators」の順に開き、「Indicators」フォルダの中で先程コピーしたファイルをCtrl+Vで貼り付けします。

データコピー

あとは、MT4/MT5を再起動すれば、先程コピーしたインジケーターが反映されるようになります。

データフォルダは、各MT4やMT5ごとに異なるフォルダ名(アルファベットや数字名)で分類されています。

間違って別のフォルダにアクセスしてしまわないように、MT4/MT5のデータフォルダを開く際は、必ず「ファイル」 → 「データフォルダを開く」からフォルダを開くようにしましょう。

1台のパソコンで何個までMT4/MT5を同時起動させられるか

パソコンの環境スペックや1つのMT4/MT5で何枚のチャートを表示しているか、他のプログラムが動作しているかなどによっても変わってきますが、目安としては1台10枚前後まで同時起動できます。

MT4/MT5同時稼働時のパソコンスペック目安
  • OS: Windows7, Windows10, Windows Server 2016
  • メモリ: 2GB~
  • ストレージ: 50GB~
  • CPU: 2Core~
  • MT4同時稼働数: 10枚前後

1台のパソコンでMT4のみ稼働させている場合。ブラウザや音楽ソフトなど他のプログラムは起動していない状態

VPSでMT4/MT5利用を想定した場合、一番安いプランのVPSでは、メモリ1GB、CPU 1Core程のスペックですので、MT4が同時に5枚動けば良い方という目安となります。

ちなみに、VPSはXM Trading(エックスエム トレーディング)でも条件付きで無料提供していますが、「お名前.com デスクトップクラウド 」がスマートフォンやipadでもアクセス可能で、更にサクサク動き使いやすくて便利です。