MT4 ツールバー 新規注文や各フレームが消えてしまった時に再度表示させる方法

MT4ツールバー

MT4の画面上のツールバーやMT4画面左枠のフレームを間違って消してしまったときは、メニューバーの「表示」から再度表示させることができます。

また、使わないツールバーを非表示にすることや、よく使う時間足を設定するといった自由なカスタマイズ表示も可能です。

この記事では、MT4の各画面枠の表示・非表示方法を画像付きでご紹介していますが、MT5でも同じ操作で各画面枠を表示・非表示に切り替えることができます。

MT4 ツールバー 表示方法

MT4のツールバーの一部、又は全部が消えてしまっている場合は、MT4画面上のメニュー「表示」→「ツールバー」→「標準・チャート・ライン等・時間足設定」をクリックすることで再度表示できます。

MT4ツールバー表示

また、ショートカットキーに対応しているので、「Alt + V」 → 続けてAltキーを押し続けながら「Alt + B」 → 続けてAltキーを押し続けながら「Alt + S,C,L,Fのどれか」(S=標準、C=チャート、L=ライン、F=時間足)でも同じ操作が可能です。

MT4 左枠 表示方法

MT4の左枠は、気配値表示やナビゲーターが表示されます。

何かのクリックミスで間違って左枠を消してしまった場合は、メニューの「表示」→「気配値表示」「ナビゲーター」をクリックすることで表示できます。

MT4左枠表示

または、キーボードの「Ctrl + M」(気配値表示)、「Ctrl + N」(ナビゲーター)を押しても同じ操作が可能です。

MT4 画面下 ターミナル 表示方法

画面下の口座情報やポジション枠のターミナルを消してしまった場合は、メニューの「表示」 → 「ターミナル」をクリックすることで表示できます。

MT4 ターミナル表示

または、キーボードの「Ctrl + T」(ターミナル表示)を押しても同じ操作が可能です。

MT4のツールバーをカスタマイズする方法

「標準・チャート・ライン等・時間足設定」のツールバーは、それぞれの枠の上で右クリック→「カスタマイズ」をクリックすることで、表示/非表示項目を細かく設定することもできます。

また、各ツールの左端をドラッグすることで、表示位置をご希望の位置に移動することも可能です。

MT4 ツールバー

標準

標準ツールバーは、新規チャート表示、気配値・ナビゲーター・ターミナルの表示/非表示、新規注文、自動売買などのアイコンがセットで表示されます。

MT4ツールバーの標準表示

標準ツールバーの上で右クリック→「カスタマイズ」をクリックすると、各アイコンの削除や挿入ができるようになります。

MT4ツールバーカスタマイズ

標準ツールバーの「上下矢印アイコン(気配値表示)」「星アイコン(ナビゲーター表示)」「リストアイコン(ターミナル表示)」をそれぞれクリックすると表示/非表示を切り替えられます。

チャート

チャートツールバーは、チャートの表示スタイルや拡大縮小、インディケーターリストなどが、セットで表示されています。

チャートツールバー

チャートツールバーのカスタマイズでは、チャート画面に関するアイコンの表示/非表示を切り替えられますが、基本的にはデフォルトの状態で表示させておいた方が便利です。

MT4ツールバーカスタマイズ

ライン等

ライン等ツールバーは、チャートへのライン表示させる項目がセットで表示されています。並行チャンネルやフィボナッチ・リトレースメントもこの項目から表示できます。

MT4ライン等カスタマイズ

よく使うラインは表示させておき、あまり使わないラインは非表示に設定した方が画面がスッキリします。

ツールバーカスタマイズ

時間足設定

時間足設定ツールバーは、チャートの時間足を設定する項目が「M1~MN(1分足~月足)」で表示されています。

MT4時間足カスタマイズ

時間足設定カスタマイズでは、ツールバーに表示させる時間足を設定することができますが、MT4の場合は「M1・M5・M15・M30・H1・H4・D1・W1・MN」と9種類しかないので、そのままデフォルト表示の方が時間足切り替えに便利でしょう。

MT4時間足カスタマイズ

これらの設定は、MT5でも同じように表示/非表示の切り替えやカスタマイズをすることができます。

特にMT5は表示できる時間足の種類が多いので、好みに応じてツールバーに表示する時間足を設定するのも使いやすいです。