スマートフォン対応MT5(MetaTrader5)アプリは、スマートフォンにMT5をインストールしたあと、設定をそのままでも取引することができますが、表示をカスタマイズすることで更に取引がしやすくなります。

今回は、MT5アプリのスマホ版でオススメの初期設定方法をご紹介します。

関連記事 MT5パソコン版の初期設定方法

関連記事 MT5スマホアプリの画面の見方

気配値の整理

MT5アプリをインストールし起動すると、気配値画面には標準表示でいくつかの通貨ペアが表示されています。

使わない通貨ペアは削除し、他に表示させたい通貨ペアは追加して、綺麗に並び替えることで気配値画面を見やすくさせることができます。

通貨ペアの削除

使わない通貨ペアは、気配値画面から非表示にします。

  1. 画面左上のペンマークをタッチ

  2. 削除したい通貨ペアにチェック

  3. 画面右上の「ゴミ箱アイコン」をタッチ

MT5 気配値整理画面

次矢印

通貨ペアの追加

気配値画面にない通貨ペアは追加することで表示させることができます。

  1. 画面右上の「+アイコン」をタッチ

  2. 通貨ペアが格納されている各グループをタッチ

  3. ご希望の通貨ペア左側+アイコンをタッチ

MT5 通貨ペア追加

次矢印

通貨ペアの並び替え

通貨ペアの削除・追加をした後に、表示順番を並び替えることができます。

  1. 画面左上の「ペンマーク」をタッチ

  2. 移動したい通貨ペア右側の「三本線アイコン」をタッチしながら移動

MT5通貨ペア並び替え

次矢印

チャートへインジケーターの追加

各種インジケーターを追加した方が、売買指標が分かりやすくなります。

以下の流れでインジケーター(インディケータ)をチャートに追加することができます。

インディケータ追加方法の流れ

  1. チャート画面上の「f」アイコンをタッチ

  2. 「メインウィンドウ」をタッチ

  3. ご希望のインディケータをタッチ

  4. インディケータの設定

MT5インディケータ

次矢印

MT5インディケータ

上記は、「Moving Average(移動平均線)」を例に説明しています。

上記のステップを繰り返し、複数のインディケータをチャートに追加表示することが可能です。

主なインディケータ

一般的に主に使われているインディケータは下記の種類です。

関連記事 FX取引のやり方。FXの買い時と売り時のタイミングとは

次矢印

チャートの色変更

MT5アプリのチャートは、デフォルトの表示で背景は黒でチャートは緑色ですが、自由にチャートの色を変更することが可能です。

  1. チャート画面タッチして「設定」をタッチ

  2. チャート設定画面でカラーをタッチ

  3. 項目ごとにタッチしてご希望の色に変更

MT5チャート色変更

次矢印

MT5チャート色変更

様々な項目をそれぞれ異なる色へ変更できますが、今回は例として下記の4項目の色を変更しています。

  • 上昇バー: 赤色

  • 下降バー: 青色

  • 上昇ローソク: 赤色

  • 下降ローソク: 青色

次矢印

色の変更を完了しましたら、画面左上からチャート画面へ戻ります。チャート画面では、色が変更され表示されています。

MT5チャート色変更

以上の3つの設定で、MT5を見やすくし更に取引しやすくなります。

ご紹介した内容だけではなく、自分好みにカスタマイズできるのがMT5アプリの魅力ですね!