MT5(MetaTrader5)アプリで新規注文取引をするには、取引したい通貨ペアをタッチ → 「トレード」をタッチすることで、注文画面から行うことができます。

基本的な取引方法は、MT4アプリと同じですが、MT5アプリ画面と合わせて取引方法をご紹介します。

1. 注文画面を表示させる

MT5アプリで新規注文するためには、まず以下の方法で注文画面を表示させます。

  • 気配値画面から取引したい通貨ペアをタッチ → 「トレード」をタッチ

MT5アプリ取引方法

その他、取引したい通貨ペアチャート上でタッチ → 「トレード」をタッチする方法でも注文画面を表示させることができます。

次矢印

2. 注文画面で新規注文をする

「トレード」をタッチすると注文画面が表示されます。

新規注文の流れは、下記の3ステップでできます。

  1. 注文方法を選ぶ(デフォルトは「マーケット実行」)

  2. 取引数量を入力する

  3. 「売り」又は「買い」のボタンをタッチする

MT5アプリ取引画面

(1)注文種別を選ぶ

注文種別は、以下の7種類があります。市場価格ですぐに即時注文したい際は、「マーケット実行」を選びます。

価格を指定して注文したい際は、その他の注文種別を選びます。

MT5アプリ注文方法

各注文種別の意味は下記の通りです。

マーケット実行(成行注文)

表示されている価格ですぐに注文したい場合

Buy Limit(指値買い)

価格が下落した時に、買いたい場合

Sell Limit(指値売り)

価格が上昇した時に、売りたい場合

Buy Stop(逆指値買い)

価格が上昇した時に、買いたい場合

Sell Stop(逆指値売り)

価格が下落した時に、売りたい場合

Buy Stop Limit

価格が上昇して指定した価格に到達した後に、ストップリミット価格で買いたい場合

Sell Stop Limit

価格が下落して指定した価格に到達した後に、ストップリミット価格で売りたい場合

尚、ストップロス(損切り値)とテイクプロフィット(利確値)は、未入力でも注文可能です。

「発注」ボタンがグレーアウトしており注文できない際は、注文種別による価格の値が正しくないことが原因です。

例えば、Buy Limit(価格が下落した時に、買いたい場合)を指定して、現在値より高い値を入力している場合は注文できません。

次矢印

(2)取引数量を入力する

MT5アプリ取引数量

「-0.1 -0.01 ・・・」と並んでいる数字の箇所で取引数量(ロット)を選択します。0.1、0.01をタッチすることで数量を変更できますが、直接入力しても数量を変更することができます。

XM Tradingの場合、口座タイプによって1ロットあたりの通貨量が異なるので注意しましょう。

  • XM Trading マイクロ口座: 1ロット=1,000通貨

  • XM Trading スタンダード口座: 1ロット=100,000通貨

  • XM Trading Zero口座: 1ロット=100,000通貨

次矢印

(3)「売り」又は「買い」のボタンをタッチする

MT5アプリ注文

  • Sell by Market: (市場価格で即時)売り
  • Buy by Market: (市場価格で即時)買い

「マーケット実行」(成行注文)の場合は、売りと買いのボタンが表示されます。

指値注文の場合は、「発注」ボタンが表示されます。

それぞれのボタンをタッチすることで注文が執行されます。

次矢印

3. 取引中のポジションを決済する

取引中のポジションを決済するには、MT5の「トレード」タブ画面から行います。

  1. 決済したいポジションをタッチ

  2. ポジション決済をタッチ

  3. マーケットで決済をタッチ

以上の3ステップで決済が可能です。

MT5アプリ決済

次矢印

オレンジ色のボタン「マーケットで決済」ボタンをタッチすると決済が執行されます。

MT5スマホ決済画面

決済画面で「Sell by Market」「Buy by Market」をタッチしてしまうと、新規で成行注文が執行されてしまうので注意しましょう。

また、分割決済も可能ですが、成行注文の分割決済のみ可能で、指値による分割決済は不可です。

注文を変更したい場合

注文内容を変更したい際は、変更したいポジションをタッチし「ポジション変更」をタッチして操作します。

MT5スマホ注文変更画面

既に取引中のポジションの注文変更は、決済注文のみ変更可能です。

ストップロス(損切り値)やテイクプロフィット(利確値)のどちらか、又は、両方を入力し「注文変更」ボタンをタッチすることで変更されます。

まだ取引していない指値注文(予約注文)に関しては、注文の削除や指定価格の変更が行えます。

注文種別は変更できないので、注文種別を変えたい場合は、一度注文を削除して注文し直す必要があります。

以上が「新規注文~決済」までの一つの取引をMT5スマホアプリで完了させる流れです。

MT4スマホアプリより若干操作性が良くなっています。「間違って注文や決済してしまった!」ということがないように、まずは、デモ口座で練習してから利用することをお勧めします。