XM 実効レバレッジ 計算方法

実効レバレッジとは、取引中の運用レバレッジです。最大レバレッジは、口座資産(証拠金)の最大何倍まで取引ができるかを表しているのに対し、実効レバレッジは実質の運用レバレッジを表しています。

実効レバレッジは、「ポジション評価額(取引数量 × 各通貨の現在レート)」 ÷ 「有効証拠金(資金合計 + 評価損益)」で算出できます。

実効レバレッジ 計算方法

実効レバレッジ 計算式

「ポジション評価額(取引数量 × 各通貨の現在レート)」 ÷ 「有効証拠金(資金合計 + 評価損益)」 = 「実効レバレッジ」

実効レバレッジは、上記の簡単な計算式で求めることができます。

実効レバレッジが高いというのは、証拠金維持率が低いことを意味しますので、実効レバレッジが高ければ高いほど、ロスカット(自動強制損切り決済)が早まるリスクが高くなります。

実効レバレッジ 計算例

計算条件
  • 取引数量: 1ロット(10万通貨)
  • 取引中の通貨ペア: ドル円
  • 現在レート: 110.00円
  • 口座残高: 80,000円
  • 評価損益: +20,000円
実効レバレッジ 計算例
  • 「ポジション評価額(取引数量 × 各通貨の現在レート)」 ÷ 「有効証拠金(資金合計 + 評価損益)」 = 「実効レバレッジ」
  • 「1,100万円(10万通貨 × 110.00円)」 ÷ 「10万円(80,000円 + 20,000円)」 = 「110倍」

以上の計算条件においては、110倍の実効レバレッジとなります。

実効レバレッジ110倍は、最大レバレッジ888倍の口座であれば証拠金維持率807.27%(888 ÷ 110)を意味します。

例えば、最大レバレッジ888倍に対して、実効レバレッジも888倍の状態では、証拠金維持率は100%となります。XMでは、証拠金維持率が20%を下回るとロスカットになる仕様です。

一般的には、MT4やMT5にも自動で表示される「証拠金維持率」の方を目安にリスクを考慮して取引しますが、実効レバレッジの方が見やすいようであれば、上記の計算式を自身で計算して取引量の目安にします。

ポジション評価額、有効証拠金の確認場所

実効レバレッジを計算する上で必要な「ポジション評価額」と「有効証拠金」は、MT4/MT5画面下のターミナル「取引」タブから確認できます。

MT4 ターミナル

取引タブの各用語の意味
  • 残高: 口座残高
  • 有効証拠金: 「証拠金(残高)」 + 「評価損益」
  • 必要証拠金: 「約定レート」 × 「取引通貨単位」 × 「数量」 ÷ 「最大レバレッジ」
  • 余剰証拠金: 「有効証拠金」 - 「取引中の合計必要証拠金」
  • 証拠金維持率: 「有効証拠金」 ÷ 「必要証拠金合計」 × 100

より詳しい各証拠金の内容については、下記リンク先の記事でご紹介しています。

ターミナルが表示されない?

MT4/MT5画面下のターミナルは、キーボードのCtrl+Tで表示・非表示を切り替えられます。また、画面上メニューの表示→ターミナルからでも表示を切り替えることができます。