MT4(MetaTrader4)は、同じFX会社のMT4でも1つのパソコンに複数インストールして、同時起動(複数起動)させることができます。

MT4複数起動をすることで、同一口座で複数のMT4へ同時接続や複数口座でそれぞれ異なる口座でMT4へ接続が可能です。主に自動売買(EA)を使う場面で便利に利用できます。

MT4複数起動方法は、2つのやり方があります。

  1. MT4インストールフォルダの場所を変更して毎回インストールをする方法

  2. 毎回インストールせずともMT4フォルダをコピーすることで複数起動する方法

MT4インストールフォルダの場所を変更して毎回インストールをする方法」は、リンク先の記事でご紹介していますので、今回は、「毎回インストールせずともMT4フォルダをコピーすることで複数起動する方法」をご紹介します。

ちなみにMT4だけではなく、MT5(MetaTrader5)でも同じ方法により複数同時起動可能です。

MT4やMT5を複数同時に起動させる理由

  1. 複数口座を同時に取引したい

  2. 異なるFX会社の口座を同時に取引したい

  3. 自動売買のEAを稼働させたい

MT4やMT5を複数同時起動させる理由としては、主に上記の3点となります。

海外FX会社のXM Tradingは、1人8口座まで所有できるので、複数の口座を同時に取引・管理したい際は、MT4の複数同時起動が便利です。

特にMT4でXMマイクロ口座からXMスタンダード口座への切替時などは、一度ログアウトしてから別口座へログインすると時間もロスしてしまい面倒なので、同時起動がオススメです。

また、自動売買取引をする際は、基本的にEAの種類1つにつき1枚のMT4を動かすことになるので、EAの種類分MT4が必要になります。VPSを使用します)

MT4を複数同時起動する流れ

  1. MT4をインストール

  2. Cドライブに「mt4」の名称で新規フォルダを作成

  3. インストール元のMT4フォルダを丸ごと「mt4」フォルダ内にコピー

  4. コピー先の「terminal.exe」をデスクトップにショートカット作成

  5. 「terminal.exe」の名前をお好みで変更

  6. ショートカットからMT4を起動

上記の2~6までの流れを繰り返すことでMT4を増やすことができます。

では、詳しくMT4複数起動方法をご紹介していきます。

1. MT4をインストール

まずはMT4(MetaTrader4)をダウンロード・インストールします。

既にMT4をインストール済みの際は、このステップを飛ばしてOKです。

海外FX会社のXM Tradingの場合は、XM Trading公式サイト → プラットフォーム → PC対応MT4」からMT4をダウンロード出来ます。

MT4ダウンロード

次矢印

2. Cドライブに「MT4」の名称で新規フォルダを作成

Cドライブ上で「右クリック → 新規フォルダの作成 → MT4に名前変更」をします。

例として「MT4」というフォルダ名に名前変更しましたが、フォルダ名はお好みで自由に変更しても大丈夫です。

MT4複数起動

次矢印

3. インストール元のMT4フォルダを丸ごと「MT4」フォルダ内にコピー

Program Files (x86)フォルダ内に入っている「XM Trading MT4」(又は、「XM MT4」)フォルダをコピーし、先程新規作成した「MT4」フォルダの中に貼り付けます。

MT4複数起動

次矢印

4. コピー先の「terminal.exe」をデスクトップにショートカット作成

MT4フォルダ内にコピーした「terminal.exe」(Cドライブ → MT4 → XM Trading MT4 → terminal.exe」を選択し、右クリックでデスクトップにショートカットを作成します。

MT4複数起動

次矢印

5. 「terminal.exe」の名前をお好みで変更

デスクトップに作成されたショートカットを右クリックし「terminal.exe」の名前をお好みで変更します。

今回は例として「XM MT4-EA1」という名前にしました。

MT4複数起動

次矢印

尚、「右クリック → プロパティ → アイコンの変更」から、ご希望のアイコンへ変更することも可能です。

MT4複数起動

次矢印

MT4複数起動

以上の操作を繰り返すことで、複数のMT4をインストールすることが出来ます。

あとは、デスクトップに作られたショートカットから各MT4を起動することで、複数同時にMT4を稼働させられます。

1台のパソコンで何個までMT4を同時起動させられるか

パソコンのスペックや1つのMT4でチャートやポジションがどれくらい多いのかによっても変わってきますが、目安としては1台10枚前後までMT4を同時起動させられます。

MT4同時稼働時のパソコンスペック目安

  • OS: Windows7, Windows10, Windows Server 2016

  • メモリ: 2GB~

  • ストレージ: 50GB~

  • CPU: 2Core~

  • MT4同時稼働数: 10枚前後

一番安いプランのVPSでは、メモリ1GB、CPU 1Core程のスペックですので、MT4が同時に10枚動けば良い方という目安となります。

パソコンのみ同時起動に対応

MT4を同時稼働させられるのはパソコンのみで、スマートフォンやiPadでは同時に複数稼働はさせられません。

ただし、VPSがスマートフォンやiPadからログインできるサービスに対応していれば、パソコン以外からでも操作は可能です。

ちなみに、VPSはXM Trading(エックスエム トレーディング)でも条件付きで無料提供していますが、「お名前.comのデスクトップクラウド for FX」がスマートフォンやipadでもアクセス可能で、更にサクサク動き使いやすくて人気です。