XM Trading(エックスエム トレーディング)で原油などの商品、株式指数等のCFD取引で注文が出来ない場合は、選択している商品の「限月が過ぎている可能性」、または、「CFD商品の取引時間外」の2点が原因です。

CFD商品全般は、商品ごとに取引時間が異なります。また、CFD先物取引では、各商品により限月がある為、満期日移行はその限月での取引が出来ません。

CFD取引時間確認方法

XM Trading公式サイトのCFDページから「取引時間」タブをクリックして、各商品の取引時間を確認することができます。

尚、表示してある時間はサーバータイムになっているので、日本時間に変換する際はGMT+9にて行うようにしましょう。

CFD取引時間

その他、MT4/MT5の左上「気配値表示」に表示された各商品を右クリック→「仕様」からも取引時間を確認できます。

こちらもサーバータイムで表示されているので、日本時間に変換する際はGMT+9にて行うように注意しましょう。

CFD取引時間

取引時間外は、注文ボタンが押せず注文できないようになっています。対象商品の取引時間中に注文可能です。

CFD限月、満期日確認方法

XM Tradingの各CFD商品の限月と満期日は、XM Trading公式サイトの「商品 – スプレッド / 条件」の「カレンダー」タブからご確認可能です。

CFD限月

限月を変更して注文取引できるようにするには?

MT4にログインした後、MT4の左画面にある「気配値表示」の上で右クリックします。

「全通貨ペアを表示」をクリックします。

限月変更

次矢印

「ファイル」→「新規チャート」をクリックすると、新しい限月のCFD商品が表示されるようになります。

商品名の”MAR”や”APR”などは月の略称を表しています。

例)MAR=March(3月)、APR=April(4月)

限月変更

ご希望の商品を選択してチャートを表示できます。

また、新規注文に関しても「全通貨ペアを表示」することで新しい限月の商品を取引可能です。

※MT4は自動で新しい限月を取得しませんので、新しい限月を取引したい場合は、上記の方法により手動で更新する必要があります。