XM Tradingの取引口座へ不正アクセス(不正ログイン)されないように、強固なパスワードへ変更することをお勧めします。下記、不正アクセス防止の対策をご紹介します。

海外FX業者のXM Tradingは、万が一不正アクセスがあっても本人名義宛のみ出金が可能、他人名義のIDへ資金振替不可という仕組みの為、「不正アクセスにより他人宛に自分の資金が出金される」という心配はありません。

ただし、不正アクセスによりイタズラのような形で勝手に自分の口座で取引され、預けていた資金を失うリスクはある為、取引ユーザー自身も口座を安全にする為に強固なパスワードにすることが大切です。

XM Trading口座を安全に保護する5項目

XM Trading公式サイトからもリアル口座開設者には、Eメールにて「お取引口座を安心安全に保有いただくために」というタイトルで2018年2月13日にメールが配信されています。

XM Tradingのお知らせメール

メール内で紹介されている項目をより詳しくご紹介していきます。

1.複雑なパスワードに変更

  1. 数字

  2. 小文字

  3. 大文字

上記「数字・小文字・大文字」の3つを全てパスワードに含む必要があります。

2.最低8文字以上のパスワード設定

短いパスワードは推測されやすくなります。

最低でも8文字の長さのパスワードにすることが推奨されます。

3.ランダムなパスワード設定

誕生日や単純なパスワードは推測されやすくなります。

推測されないランダムなパスワードが推奨されます。

4.パスワードの保管場所

パスワードをパソコンやスマートフォンへ保存しておくのは流出するリスクが高まります。Dropboxなどのオンライン上で保管することも危険です。

そもそもパスワードを保管しないか、インターネットに繋がっていない端末や他人に見られることがない紙ノートなどに保管する方がリスクが少ないです。

5.二段階認証を有効にする

XM Tradingの二段階認証は、ログイン時に二段階認証するものではなく、パスワードを忘れた際にパスワードを再設定するときの二段階認証機能です。

他人が本人になりすまし、パスワード再設定をしてしまうと本人が以降ログインできなくなってしまう為、パスワード再設定時の二段階認証機能があります。

関連記事 XM Tradingのパスワード再発行手続き方法

関連記事 XM Tradingの2段階認証設定方法

現在のパスワードが上記条件に満たしていない際は、パスワードの変更をすることを強くお勧めします。

また、万が一のことも考慮し二段階認証を設定することも推奨されます。