RSI(Relative Strength Index:相対力指数)とは、「買われすぎ、売られすぎ」を判断するためのオシレーター系のインジケーターです。

RSIを表示することで、相場の強弱を判断できるようになります。

関連記事 RSI(相対力指数)の使い方とRSIを利用した取引方法

RSIの表示方法

MT4(又はMT5)画面左側の「ナビゲーター」枠から「インディケータ」→「オシレーター」→「Relative Strength Index」を選択し、適用させたいチャートにドラッグ・アンド・ドロップ(左クリックを押しながら移動して左クリックを離す操作)します。

RSI表示方法

次矢印

RSIの設定画面が表示されますが、RSIはデフォルト設定のまま使用することができます。

もし、変更する場合は「期間」「スタイル」の2箇所のみ変更します。

RSIの設定画面

考案者は日足チャートにおいて、期間14日を設定することを推奨しています。

普段利用している移動平均線の期間に合わせても良いでしょう。

尚、設定画面の「レベル表示」タブにて、30と70のラインに色を設定すると見やすくなります。(必須の設定ではありません)

RSIの設定画面

次矢印

以上の簡単な操作で、チャートにRSIを表示することができます。

RSI

尚、RSIを削除したい場合は、チャートの上で右クリック → 「表示中のインディケータ」をクリック → 「Relative Strength Index」を選択 → 削除ボタンをクリックすると削除できます。

RSIの削除方法

関連記事 RSI(相対力指数)の使い方とRSIを利用した取引方法