XMのMT4は、GMT+3の時刻で表示されており、日本と6時間の時差があります。これは、XMは海外FX会社であり、MT4が海外のサーバー時刻に合わせている為です。

日本はGMT+9なので、6時間の時差分をMT4表示時刻から足せば日本時刻として見れます。

もしGMT+3の表示時刻に慣れず不便に感じる際は、日本時間に自動変換して表示してくれるMT4インジケータを入れることをオススメします。

日本時間を表示するMT4インジケータをダウンロード

日本時間を表示するインジケータは、いくつかありますが[JPN_Time_SubZero.mq4]がシンプル簡単でMT4ユーザーに人気です。

下記のリンクからダウンロードします。

次矢印

アップローダーのサイトからダウンロードします。

画面中央の広告上にある[ダウンロード]をクリックし、インジケータをダウンロードします。

JPN_Time_SubZero.mq4

JPN_Time_SubZero.mq4

次矢印

インジケータファイルをMT4のフォルダに移動する

MT4を起動し、画面上部の[ファイル]→[データフォルダを開く]をクリックします。

JPN_Time_SubZero.mq4

次矢印

フォルダが開いたら[MQL4]→[Indicators]のフォルダを開きます。

先程ダウンロードした[JPN_Time_SubZero.mq4]ファイルをスライドして[Indicators]フォルダへ移動します。

JPN_Time_SubZero.mq4

次矢印

MT4を再起動しJPN_Time_SubZeroを適用

新しくMT4インジケータを挿入した際は、インジケータを表示させる為に必ずMT4を再起動する必要があります。

MT4再起動後、画面上部メニューから[挿入]→[縦線分析ツール]→[カスタム]→[JPN_Time_SubZero]を選択します。

JPN_Time_SubZero.mq4

次矢印

JPN_Time_SubZeroの設定

基本的にデフォルトの設定でも問題なく使用できますが、お好みに合わせて設定し表示方法を変更可能です。

JPN_Time_SubZero.mq4

[True→はい。False→いいえ。]です。

UseLocalPCTime
Trueにすることでパソコン上の時刻と合わせることができます。
YEAR(年)/ MONTH(月)/DAY(日)/HOUR(時)/MINUTE(分)/SECOND(秒)
お好みに合わせて年~秒までを表示することができます。あまり細かいと見辛いので「HOUR(時)」「MINUTE(分)」だけの表示がお勧めです。

その他のJPN_Time_SubZero.mq4の設定

  • TimeInterval: 指定したローソク本数毎に時間表示

  • UseLocalPCTime: パソコン時計時刻を自動表示

  • Time_difference: 手動で時差設定(パソコン時刻がfalseで有効)

  • Grid: グリッド表示

  • ARROW: 時刻の上に矢印表示

  • NewLine: 2行で表示

  • GridColor: グリッドの色を変更

  • FontSize: 文字サイズを変更

  • TextColor: 文字色を変更

  • UseColorGrid: 特定時刻のグリッド色を変更(ソース編集が必要)

  • Use12Hour: trueで12時間表示、falseで24時間表示

必要最低限、「UseLocalPCTime:True」と「/HOUR(時)/MINUTE(分):True」の3箇所だけ設定すればOKです。

その他の項目はお好みに応じて設定可能です。

JPN_Time_SubZero.mq4

以上でチャート上のサブウィンドウに日本時刻を表示することが出来ます。